デ、デンデラって、こんなだった・・・かぁ

c0096685_21125679.jpg関東地方、梅雨明けました。
うわぁ~おぉぉ~夏だっ、という今日
薄ら寒い映画を見てしまいました。

厳冬のお山に捨てられた老婆の反逆・・・
のはずだった「デンデラ」です。
浅丘ルリ子、草笛光子、倍賞美津子さんなど大御所が
スッピンで挑んで話題になりました。
(といいつつ、ルリ子さんのおメメはきっちりライン入りでしたが)

が、しかし、ビックリしたーーー。
こんなに予想を裏切られた映画は久しくなかった。
楢山節考のその後とちゃうの?
捨てられたババたちが村に復讐するんとちゃうの?

大きな間違いでした。
これは動物パニック映画とでも申しましょうか。
戦う相手は村人でなく、熊よ。
皆でかかればなんとかなる的な肉弾戦。
そりゃ無理だべ、70から100歳の婆ちゃんズだもの。
しかも、襲われた仲間をおとりのエサとして使うという恐ろしさ。

熊はアップの映像ばかり。
引いた場面のお粗末さは
万俵家のお池のリモコン鯉といい勝負でした。

婆ちゃんが素手で魚を捕まえ(すごい運動神経)
その魚の骨を櫛代わりに(鯛じゃないんだから)
着物も蓑も手作り(老眼鏡もないのに?)
高いところから飛び降りても骨折もせず。
突っ込みだしたらキリがありまへん。
そんなうそ臭さの中で
飛び散る血飛沫ばかりがリアルなのも気持ち悪かった。

今回はタダ券だったので、金返せとは言えませんが
アハハ、評価も参ってしまいまして、今回☆止めときました。
[PR]
by noro2happy | 2011-07-09 21:27 | 映画