人気ブログランキング |

水嶋ヒロ君の受賞に思うこと

本を読むのが大好きです。
特に小説が。
何を今さらって?
確かに。

小説好きならほとんどの人が一度は自分も書いてみたい、
そう思っているに違いありません。
もちろんワタシも。
けど、試みたことはありません。
絶対ムリだとわかっているから。
何百枚って原稿用紙の升目を埋めるなんて100パー不可能。

先日読んだ有川浩さんの「ストーリー・セラー」に
「書ける人」と「読む人」って表現がありました。
女性作家の夫二人は、いずれも無類の読書好きですが
自分には書く力がないと分かっている人たち。
まぁ、普通はそうですよね。

先日の水嶋ヒロ君の小説大賞。
正直、「芸能界を引退して執筆活動に専念」と言ったときは
何を適当なことをって思ってました。
ところが、本当に才能があったんですね。

出来レースって言っている人もいるようですが、
全く才能なかったらすぐバレるし。
天は二物どころか、三物も四物も与えられている人へのやっかみ?
と思っています。
もし大賞取ったのが芸人さんだったら?
そこまでは言われなかっただろにな。

それはともかくとして、「書ける人」っていうのは
読書好きにとっては本当にうらやましい才能なのであります。
小説を読んで「これなら自分でも書けそう」って思える人。
それだけですごいことなんだ。
by noro2happy | 2010-11-05 23:06 | book