人気ブログランキング |

2010タイ旅行記①新しいのと古いのと

c0096685_2255278.jpg
★7月17日に開業したばかりの新型スカイライナー

初めて乗りました。
ふふ、車両は確かあの山本寛斎さんがデザインしたんですよね。
けど、なんたってウリは、都心と成田空港を36分で結ぶってこと。
ですが・・・
あの36分てのは、あくまでも日暮里から空港第2ビルまでの所要時間だったんですね。
京成上野駅から空港第1ビルまでは50分弱かかりました。
それでもずいぶん早くなったけど。

c0096685_2256427.jpg
★スワンナプーム空港の新しい乗物、エアポートリンク

成田まで最新電車で行ったところで、バンコクの空港からもニュートレインに乗りました。
バンコクの国際空港、スワンナプーム空港からバンコク市内へ出るにはバスかタクシーしかなかったのです。
がしかし、8月23日ついにエアポートリンクが開業。
ついに、というのは、当初の予定では2007年完工予定だったのですから。
3年の遅れってのがタイらしいよねー。

「Train to city」の矢印通り進めば、B1の発着所までたどり着けます。
さすがに出来立てほやほやのせいか、観光客らしき人はこちらまで降りてきません。
ほとんどがタイ人ばかり。

料金所は終点までノンストップのエクスプレスと各駅窓口と2ヶ所に分かれています。
知らずに各駅の窓口へ行ったら、エクスプレスは「あっち」と。
で、グルッと回って「あっち」へ行ったら、なんてことない。
同じ部屋で、衝立もないすぐ後ろ側じゃないの。
意味わかんない。
同じ窓口で売れよって話しです。
もちろん自販機はありましたが、このときはまだ利用できませんでした。

ひと気のないホームはムダに広い感じだし、電車もガラガラ。
よそ様の国ながら大丈夫なんかな。
けど、早ッ、そしてきれい043.gif
並行する高速道路の車をガンガン追い越してくのは悪くない。
ものの15分くらいでバンコク市内に到着でした。


c0096685_22564334.jpg
最新乗物の事を書いたので、おまけに真逆の乗物のことを。

それはバンコクからホアヒンまでのバスです。
エアコンつきノンストップバス・・・のはずだったのに・・・
どこでどう間違えたか。008.gif

まぁ、確かに効かないけど一応エアコンはついてました。
でも、ローカルな停留所にコロコロ止まり。
行商のオバちゃんやら学生さんやらが乗ったり降りたり。
それよりなにより、最悪のおんぼろバス。
50数年間生きてきましたが、ここまでのボロバスに乗ったのは初めてであります。
破けていないシートってのが一つもないのだから。
みんな中身が出てました。
フラットな道路でどうしてこんなにガタガタゆれるのって感じだったし。
これで3時間半はかなり辛かったですわ。
もちろんトイレなんぞありませんから、近い人にはまずムリね。

さすがに帰りはもうどんなバスであろうと乗りたくないって気になりまして。
タクシーをチャーターしてしまった。
行きは3時間半で45バーツ(約125円)
帰りは2時間半で2000バーツ(約5600円)。
お陰で快適でした。

でも、このボロバスがいい思い出になるんだよね。
なんか今になると笑っちゃう。003.gif
by noro2happy | 2010-09-13 23:09 | 旅行とプチ旅