人気ブログランキング |

北村 仁寺洞 明洞(ソウルプチ旅記②)

ソウル2日目です。
この日も午前中は観光が付いております。
けど、行ってみたいところだったので、これは良しです。

朝も早よからホテルを出発し、先ずは腹ごしらえ。
ガイドのキムさん
「韓国の粗末な朝定食です」
ほう、粗末ときましたか。
c0096685_2128309.jpg

これです。
夕べのご飯が遅かったし、十分です。
揚げてあるお魚は、確かイシモチだったと記憶しています。
石鍋に入っているのは、韓国風茶碗蒸し。
ですが、蒸してありません。
正式名称は不明。
フワフワ卵の石鍋煮?
卵かけご飯のようにして食べます。
うん、旨し。

このあとはまたしても免税店。
え~っ?またぁ~?って?
ありがとうございます。
今度は新羅ですが、開店と同時に入ったのでガラガラ。
んならば、ちょっくら韓国コスメコーナーに。
なんて軽い気持ちで立ち寄ったところ、結局3人とも見事にお買い上げ~。
c0096685_21304659.jpg

ワタシはこんだけ。
ミシャのBBクリームは元々買うつもりだったもの。
即効性の美白クリームと、ナイト用マッサージクリーム。
それにBODY SHOPのボディ・バターです。

c0096685_21353682.jpg

さて、続きましては「北村韓屋村」。
ソウルの古い伝統家屋が立ち並んでいます。
キムさんのあとをぞろぞろ歩いていたら、
「みなさぁん、ドラマの撮影をやっていますよ~」
はぁ、そうですか。
「(なんとか)ってドラマで、(ナンチャラ)と(カンチャラ)がいますよ~」
名前言われてもピンと来ないから、またまたはぁ、そうですか。
「(ナンチャラ)は『花男』に出ていた人で・・・」

ナヌ?今なんと?『花男』と申されたか?
ワタシのアンテナが一気に反応。
「ス、スビバセンガ、ナンチャラさんは、『花男』でいかような役をされていたのですか?」
「ん~、マツジュンです」
おおっーつ、道明寺か。
c0096685_2137533.jpg

ADらしき人の制止を振り切り、何とかカメラに納めたのがこの写真。
拡大するとどうにか分かる程度ですが・・・
頭しか見えないカンチャラさんはソン・イェジン。
いや~ん、これまた大好きな『夏の香り』のヘウォンさんでした。

またまたバス移動。
最後の観光は仁寺洞。
以前から行ってみたかったところ。
でも時間も40分ほどしかなく、メインストリートのお店をのぞいただけでした。
今度はゆっくり歩いてみたい。
このままバスは明洞へ戻り、解散。

粗末な朝ごはんだったので(違うって)腹減ったー。
とにかく目に付いた「大原」というお店に飛び込んで、ようやく焼肉に有りつけました。
c0096685_21581197.jpg
でも、グッ、グルジ~。
まだお肉残ってるけど、このあたりでそろそろお腹が限界間際。

こうなったら、歩いて、歩いてカロリー消費。
でも、今回はお洋服関係もアクセサリーも欲しいもの全然なかったな。
いい加減疲れてきたし、手には韓国海苔などのかさばる土産も。
一旦ホテルに戻って休憩です。

苦しくても、時間が来れば腹が減る。
夕飯はどこにしようかー、なんて相談していると、会計担当のOSが
「お金足んない、夕飯代ないよ」
どうやら思いのほか焼肉に散財してしまったらしい。
予約している汗蒸幕の3人分代金19万5000Wを抜くと、残りは僅か。

しゃあない、不本意ながら追加徴収するかとなったところ、ワタシ思い出しました。
ネットで予約した「明洞瑞草汗蒸幕」、系列のレストランの食事券が付いていたような・・・
プリントアウトしておいた予約確認書を見たら、「阿味笑」でお粥または石焼ビビンバを無料サービスだって。

どうせ無料だし、なんてタカをくくっていたら、「阿味笑」はなかなかステキなレストランでした。
ビルの外は賑やかなのに、ここだけはひっそりと落ち着いた雰囲気。
定番のおかずのほかに、春雨サラダや、春雨炒めなんかも付いて、得しちゃった。

この日はかなり歩いたのでアカスリもオイルマッサージも気持ちよかった。
汗蒸幕初体験のHも大満足の様子。
お肌つるつるでホテルに戻りました。
by noro2happy | 2010-05-24 21:51 | 旅行とプチ旅