台湾名所レポ(下)

今朝は歩いていたら、チラホラと舞ってましたよ、雪が。
寒い寒い。
しばらくまた10度以下の日々が続くようです。
2月ですものね、仕方ないですが春が待ち遠しいなぁ。

さて、台湾3日目から。
おっと違った、その前に。
2日目の夕食後、土林夜市へ行ったのでした。
日用品から雑貨、洋服などなど、さまざまなものが所狭しと並べられて縁日のような賑わいです。
いずれも安かろう悪かろうなんだとは思うけど、それを承知で値切り交渉とかしながら買うのがまた楽しいのね。
c0096685_20334263.jpg
夜市の写真はうまく取れませんでした。
よって、夜市でティッシュを配っていた天使君。
それに片言の日本語を話すイケメン君をパシャ。
イケメン君のお店でばら撒き土産用ポーチを3つ買いました。

さて、では3日目。
台北からホンのちょっと移動。
山あいにある九份という町へ。
c0096685_20421572.jpg
先ずは黄金博物館へ。
かつての金鉱の町を今に伝える博物館。
大して面白くなかったけど、ここにある世界最大の金塊はなかなかのもの。
220キログラム。
触るだけでパワーをいただけるそうで、ワタシも思わずなでなで。
ま、まばゆい黄金のアリさん。

c0096685_2045326.jpg

c0096685_20465295.jpg

c0096685_204722100.jpg
聖明宮というお寺。
色合いは派手ですが、タイの寺のようにキンキラではありません。
マット系におさえてあります。
寺に施された彫刻に興味があるので、写真もかなり撮りました。
三国志にちなんだものが多いのですが、ガイドの陳ちゃんはそのつど「レッドクリフ」といいます。
日本的にはそのほうが分かりやすいと思ったのかな?

c0096685_20481170.jpg

c0096685_20484366.jpg

c0096685_20499100.jpg
九份は「千と千尋の神隠し」のモデルとなったといわれる場所です。
確かにノスタルジックな雰囲気のある町並みです。
人・人ぴっちゃん、すごい混雑。
小さなお店がたくさんあって一軒一軒除いてみたかったけどツアーの悲しさ。
時間がありませんでした。
次回ここはリベンジしたいところです。

c0096685_21114546.jpg
午後は野柳地質公園へ。
潮風や荒波の浸食によって作り出された奇岩が連なります。
左の写真は女王岩といいます。
うん、横顔ね。

さらにテレサ・テンの墓とか、淡水の翡翠湾を眺める橋を渡ったりしたけど別にどうということはなかったです。
ツアーで連れて来られなければわざわざ行くことはないでしょう。

この日のホテルはすでに書きました、北投温泉の水美温泉会館。

最終日は「行天宮」「三峡祖師廟」といった寺巡り。

とまぁ、こんな感じでした。
と、突然の失速?

c0096685_20544995.jpg
お家への土産はお茶と紹興酒としました。

お疲れ~っス024.gif
[PR]
by noro2happy | 2010-02-12 21:15 | 旅行とプチ旅