人気ブログランキング |

ドン・キホーテと洞窟フラメンコ

c0096685_22363236.jpg
2月15日、カタルーニャ地方から、いよいよアンダルシア地方に向かうべく、長い長いバスの旅。

めざすは南部の中心、グラナダです。
c0096685_22462817.jpg
道路は続くよどこまでも。

車窓からはどこまでも続く広野。

「スペインの雨は広野に降る」
マイフェア・レディのフレーズを思わず口にしてしまいました。

やや曇っていたのはここまで。
c0096685_2238813.jpg
途中、ラ・マンチャ地方のカンポ・デ・プリプターナの風車を見るころには、こんな青空。

なんてラッキーなの。

これぞ、写真で見たスペインの風景って感じ。

赤茶けた大地と白い風車と真っ青な空のコントラストが抜群でした。
c0096685_22384493.jpg
20代のとき、松本幸四郎の「ラ・マンチャの男」の舞台を見たけれど、内容はすっかり忘れてしまっていました。

でも、ドン・キホーテが風車を巨人と思い込み、戦いを挑むシーンだけは記憶にあります。
その舞台となったところ。

さすがに、あちらこちらでお目にかかるドン・キホーテ君。

お土産やさんの店先にも
c0096685_2239210.jpg
ワタシたちが昼食を食べたレストランの壁にも。

このレストランは、作者セルバンテスが泊まった旅籠だそうです。
c0096685_22393454.jpg
ここからまた、長いバスの旅が続きます。

地平線て言葉を久しぶりに思い出しました。
c0096685_232121.jpgグラナダでは、夕飯の後ワンドリンクと送迎のついた洞窟「タブラオ」(フラメンコを観せてくれるお店)に行きました。

見よ、この至近距離。

ドリンクを飲みながら、目の前50センチくらいで情熱的な踊りを見ることができます。

息遣いまで聞こえてくるようでした。

思わず手拍子をしたくなるのですが、リズムが難しいので、厳禁ですって。
c0096685_22401082.jpg踊り手の顔がなんとなく皆似たような感じだと思ったら、一族でやっているそうです。

さしずめ、この方はファミリーのドンといった感じの、ウーピー・ゴールドバーク!?

う~ん、迫力満点でした。

                               またまた続くよ~~~072.gif 072.gif 072.gif 
by noro2happy | 2009-03-05 23:37 | 旅行とプチ旅