c0096685_20494006.jpg




認知症のことを英語では「ロング・グッドバイ」とも言うそうです。
少しずつ記憶をなくして、ゆっくりゆっくり遠ざかっていくから。
そう、「長いお別れ」は、認知症の夫を介護する妻を中心としながら、
10年に渡る家族の日常とそれぞれの生活の変化が綴られています。

昇平と曜子の間には三人の娘がいるのですが
長女はアメリカに、次女は独身ながらフリーのフードコーディネーターとして多忙。
三女にはまだ手のかかる小学生の息子が居ます。
昇平の症状はゆっくり進んでいき、やがて様々なことを忘れ、
排泄や食事など日常の全てに介助が必要になってきます。
挙句の果てには、今や東家の大黒柱となった曜子が、網膜剥離で緊急入院。
東家ピンチ!

普通なら悲壮感というか、身につまされて読めなくなる場面でも
中島さん独特のユーモアが光る文章に救われます。
咬み合わないやりとりにプププッと吹き出したり、
会話のテンポが良くて、ドラマでも見てるよう。
8話からなる連作形式で、各々に短くも的確なタイトルが付けられています。
それは読んでからのお楽しみ。

もちろん、介護はそんな甘いもんじゃないという意見もあるでしょう。
子どもたちは見て見ぬふりということだってありうる。
ワタシも僅かな時期でしたが介助者となったこともありましたし、
また今後もあるかもしれない。
(統計的には大いに有り得る)
そして、やがては自分が介護される側になることも。。。
せめて東家のように、右往左往しながらも支え合う家族でありたい。

読後感はとっても爽やかでした。
介護まっただ中の人にはちょっとした息抜きに。
まだ先と思ってる人にはほんの参考までに。
おすすめです。




[PR]
by noro2happy | 2016-06-14 20:58 | book | Comments(0)

大阪のギボ様がチャリコケ骨折で入院というのを以前書きましたが
その見舞いと、八日以後(なんでやねん)→要介護の申請のため
急遽、大阪へ行ってきました。

役所関係となると平日限定。
夫ドッコイは手術日に行ったばかりでそうそう休むわけにも行かないので
今回はアタクチメがお一人様で。

右も左も分からん街で、病院行って、役所行ってなんて
ド方向音痴のワタシで大丈夫かと思いましたが
ここは文明の利器の有り難いことよ。
行き方からマップから、所要時間から
ありとあらゆるものをネットで引っ張り出してハードコピー。
全資料をクリアファイルに入れ、携帯しながらの街歩きでした。
難波で1回、堺筋本町で1回人に聞いただけですみました。
(それでも聞くか・・・?)
けど、スマホにしたらこんな手間も要らないのよねー。
まっ、それはまた置いといて。

てなわけで、ギボ様はお喜びくださり、
ワタシもかなり長い時間おしゃべりができて楽しかったし。
長男嫁のミッション遂行は無事終了とあいなりました。

ところでこの度の大阪行き
朝イチ新幹線で行くつもりだったんだけど
ちょいと調べていたら3400円というメチャ安夜行バスを見つけたんだわさ。
2階部分が女性専用となっているのも気に入った。
難波まで行ってくれることも気に入った。
で、青春時代のスキーバス以来の夜行バスよ。

車窓からのイルミ夜景を眺めながら
お気に入りのバラードを聴いてたりしたら
なんともいえない胸キュンといいますか、
ウル寸前の、まか不思議な気分になりました。

そうそう、でね、その日のうちに今度は「のぞみ」で東京へ戻ったわけですが
深夜24時近く。
タクシー待ちの列に並んでいたらオモロイねー。
若いお姉ちゃんが男にマフラーからバッグから全部持たせて
「マフラー下についてる、汚れるやろ、気ぃつけやー」
って言いながら通り過ぎ、
かと思えば、私の後ろのやや年の差カップルは
チュッチュ、チュッチュと人目もはばからず。
聞くともなしに聞いてれば
「俺が友達に彼女って紹介したの初めてだよ」
「えー、そうなんですか」
って、えっ?女子、敬語?

いろんなドラマがありそうだねぇー。
明日はクリスマスイブ。
タツローの歌とともに
シンデレラエクスプレスなんつぅの、思い出しました。
[PR]
by noro2happy | 2011-12-23 13:15 | 日々のこと | Comments(2)

幸せなころの妄想?

敬老の日は過ぎたけど、爺さんネタも久しぶりやな~。
はい、まだ元気ですよォ~。
相変わらず、爺さんいわく骨皮筋衛門ですが。

いつ会いに行っても、それほど変わったところは見られませんが、
徐々に進行しているのが分かります。

もうすっかり耳が聞こえなくなってしまったから
起きていても全く会話がなくなってしまいました。

でも、自分が思いついたって言うか、フト頭に浮かんだことは
大きな声でしゃべるのよね。

「あっちのマンションにさ、車が2台置いてあるんだ。
カローラ2台。
1台いらないからさ、ドッコイさんにやるよ。
明日でも取りに行きな」

あっちのマンションとは4月まで住んでいたところでしょう。
なぜカローラ2台なのかは不明。
頭の中にはどんなシチュエーションが広がっているのでしょうか。
けど、ワタシの顔を見て、夫の名前が分かるところはうれしい。

本当はいろいろ話しかけたほうがいいのだろうけど、
何も答えてくれないと、張り合いがないね。
少しずつ一緒にいる時間が短くなっています。
悪いことをしているようで後ろめたい。
[PR]
by noro2happy | 2010-09-25 22:30 | 日々のこと

いや~、ビックリした。
朝っぱらから親友OSから電話。
「すぐ、8チャン見て」と。

慌ててテレビつけたら高校時代の部活の仲間が出ていた・・・
一気に目が覚めました。

情報番組の企画モノで、準備なしで上海万博へ行ったらどんなことになるか?
てな、内容。
炎天下、水なし、食料なしで7時間もの待ち時間。
体当たり視聴者レポートって感じでした。

彼女と最後に会ったのはいつだったっけ?
6、7年前の同窓会だったかな。
画面越しのYちゃん、お元気そうで何よりです・・・なんか、おもしろい感覚でした。

058.gif  058.gif  058.gif  058.gif  058.gif


ずっと行きそびれていた美容院へ。
ショートカットは28日周期くらいで行かないと、すぐ鬱陶しくなります。
特にワタシの場合は髪の毛が多いので、伸びて形が崩れるって言うより、
中から毛が増えてくるって感じで、スタイリングすこぶるカッコ悪しと。

パーマもかけました。
てっぺんだけの部分パーマ。
これまでで一番カールがきつい?

シャンプー直後は、どっかで見た?
ああ、そうだ林家三平だ。
上だけがクリンクリンしてるから。
仕方ないね、かけたては。

ちょっと取れ始めたくらいが天パーぽくて好き。
ベリーショートで軽いウェーブ。
『ゴースト』の時のデミ・ムーアとか
ハルベリーあたりをイメージしているんだけど・・・
へっ、エライ違いでスンマセンことで。

056.gif  056.gif  056.gif  056.gif  056.gif


そのまま爺さんのところへ。
「ワタシ、わかる?」
以前より顔を合わせることが少なくなったので、会ったときの最初の言葉はこれで。

「当たりめぇだろ」
「誰?」
「こんな美人忘れるわけないよ」
「じゃあ、名前言って」
「〇田△子だよ」

青田典子かい、そんなわけないやろー
一人ボケつっこみは余計です。

思いっきり旧姓だけど、まぁ良しとしましょう。
足腰が一段と弱くなった印象です。

いいお天気だなー。
暑いけど爺さんの好きなたこ焼きを買っていきました。
一緒に食べながら、平和に一日が過ぎつつある。

そして今現在のリアルタイム。
韓国2点目入りました。
強くなったなー・・・
[PR]
by noro2happy | 2010-06-12 22:13 | 日々のこと | Comments(8)

c0096685_221823100.jpg
なんなんだ、いったい。
今週はずっと曇りや雨ばかりで、太平洋側のすっきり冬晴れはどこへ行った?
美術展へ行きたいと思っていたけど、雨やらみぞれやら、出端をくじかれすっかりテンション下がってしまいました。

こんな日こそ引きこもって読書ですね。
と思っていたら、夫ドッコイが「開会式でも見るかぁ」と。
へっ、開会式?
おおっ、バンクーバーオリンピックの開会式が始まってました。
ワタシは冬のスポーツには余り関心がないもので。
いつから五輪が始まるのかも全然気にしていなかったわぁ。
服装の乱れを注意されていたスノボの國母クンは出るのかしら?
なんて、関係ないけどそっちのほうが気になって。

しばらく話題はバンクーバーになるわけですね。
日本人選手の健闘を祈ります。
真央ちゃん、頑張ってね。

Googleも五輪バージョンでした。

☸  ☸  ☸  ☸  ☸


「冬季オリンピックが始まったね」
耳がほとんど聞こえないのに、補聴器をしない爺さんに、ボリュームマックスで話しかけます。
「ああ、そうかい。
オリンピックはなんたって短距離だなぁ」
「冬のだよ」
「知ってるよ」
ここ数ヶ月なかったくらいに今日の爺さんは頭冴えてました。
本を読む姿も久しぶりに見ました。
いつもならころあいを見計らってオムツを替えに行くのですが、今日は自分からトイレにも行きました。
「オムツの上には、このパッドも当ててね」
「そんなことは言われなくても分かってる」
キッチンの椅子の上にオムツが。
「何でこんなとこにオムツがあるの?」
「そりゃあ、あれだよ。
ちょっと濡れてたから乾かしているんだよ」
「紙おむつは濡れたら捨ててね」

明日はどうなるか?
この病気の本当に不思議なところです。

c0096685_2215138.jpg
爺さんの夕飯が終わってから、夫ドッコイと久しぶりに一杯やりに外へ。
近頃いろいろとごたごたがあって、ナーバスになっているワタシを気遣ってくれました。
金目のお刺身がおいしかった。
[PR]
by noro2happy | 2010-02-13 22:35 | 日々のこと | Comments(6)

昨日のことですが、ウチの爺さんが久々に脱出。

家を出て30分ほど歩いていたのでしょうか、途中で転んでしまったようなのです。
通りがかった親切な方が助けて起こしてくれて、救急車を呼んでくださいました。
救急隊員が爺さんに名前や連絡先を聞いて。
そのあたりはきちんと答えられるので、家に連絡が来ました。
ちょうど居合わせた私が迎えに行ったのです。

爺さんが遠くまで一人で出かけてしまうのは、必ず何か目的があるときなのです。
なんと今回は就職。
「何しに出かけたの?」
「タクシードライバーの面接を受けに行くんだよ」
「その年じゃ無理じゃないの?」
「何言ってんだよ、90、100歳の運転手はザラだよ」

おかしいですよね。
本人はいたって真面目なんです。
世間との繋がりが欲しいのか。
自らお金を稼ぎたいのか・・・

かつて自分が運転していたときの記憶。
プラス、最近目や耳にした何かが頭の中で交じり合って伝達される・・・
本当に不思議。

帰りのタクシーでも、運転手さんに
「はい、そこ右に寄って、次の交差点を右折」
なんて、最も効率的なナビをしてくれました。

ともかく、今回も無事帰ってホッとしました。


❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤


話は変わるのですが、見も知らない爺さんにご親切に救急車を呼んで、付き添ってくださった方の連絡先を尋ねたのです。
でも、本人が望まない限りは個人情報ということで、教えていただけないのですね。
なんだか良いような、悪いような、小難しい世の中になっちゃって。
優しくしてくれた人に直接お礼が言いたいというだけの、単純なことなのに。

以前、ワタシの従兄弟が財布を落として。
幸い交番に届けてくれた人がいて事なきを得たのです。
その拾い主は連絡先を伝えてくれということだったので、従兄弟はその人に電話をしました。
すると、財布に入っていた現金の3割分のお礼を要求されたそうです。
しかも、お礼は現金ではなく、宝くじでと。
これもまたビックリじゃないですか。
[PR]
by noro2happy | 2009-12-20 23:03 | 日々のこと | Comments(4)

敬老の日

今日は敬老の日。
というわけでもないけれど、久々にジイさんネタ。

最近ジイさん出てこないね、ってメールをもらったりしてるのですが。
まぁ、ウチの場合、便りのないのはよい便りってところですか。
アルツハイマーと診断されて3年。
発症当時は、こっちも分からないことばかりでいろいろ戸惑いましたが、だんだん慣れてくるものなんですね。
さほどのことでは驚かなくなって。

そういえば、春ごろはよく一人で出歩いてお巡りさんのお世話になりましたが、この夏は一度もそんなことなかった。
そんな気力もなくなっちゃったのかしら。
病状は発症当時とさほど変わっていません。
調子のよい日と、悪い日が波のように訪れて。
悪い日のほうが少しずつ多くなっているのかな。

でも先日、3年ぶりに息子の顔を見たときもちゃんと名前が言えたし、どこから帰ってきたのかも分かりました。
「全然前と変わってないジャン」と息子。
調子のいい日で本当によかった。

食事をしている意外はほとんど寝てばかりいますが、いつも顔を見れば「ありがとう」って。
なんでもいいや、明るい爺さんでいてくれれば。
[PR]
by noro2happy | 2009-09-21 21:16 | 日々のこと | Comments(4)

久しぶりに爺さん登場。

今さらなんだけど、つくづくアルツハイマーってのは不思議な病いです。
最近ワタシが見ている爺さんはいつもボーッとして覇気がなく、ほとんど寝たきりが多くて。
排泄の始末とかも大変だったりしたの。
でも、今日は饒舌で、驚くほどしっかりしていました。

バスで5分ほどのところにあるスーパーまでお出かけしたらしいのです。
買いたいものを5つほど列記したメモを握りしめてね。

爺「200円払ってさぁ、バスに乗ってスーパーまで行ったんだよ。
  ところが、何にも買わずに帰っちゃってさぁ。
  まったく何しに行ったんだか分かりゃしねぇよ。
  つくづく、俺もボケたもんだって思ったねぇ」
私「アタシだって冷蔵庫の前まで行って、何取りに来たか忘れることしょっちゅうだよ。
  年相応じゃないの?」
爺「そうか、あんたにそう言われると安心するよ」
003.gif 003.gif 003.gif
また、ニュースを見ながら
 「アカデミー賞とかってのは、なんだい?
  世界的なモンなのかい?
  日本がとったって言ってるけど」

おしゃべりだけ聞いてると、普通の老人の言葉にしか思えないのに、こんな日はごくまれです。
ずっと分からないままなら、介護するほうもあきらめがつくのに、たまにこんなふうに以前の爺さんがよみがえるので、もしかしたらって期待してしまって。
罪な病気だわ。
[PR]
by noro2happy | 2009-02-23 20:56 | 日々のこと | Comments(0)

昨日の夕飯のとき、爺さんのところへ行ったらどうも調子がおかしい。
体に触れるとかなり熱かったので、熱をはかったところ38.5℃ありました。
あれ~、これはいかんと、すぐに近くの医者に連れて行ったところ、嫌な予感的中。
インフルエンザにかかってしまいました。

家のものは誰もかかっていないし、今週はどこも出歩いていないので、おそらくデイ・サービスでもらってきちゃったのね。
高齢者のインフルエンザは命取りになりかねないから心配です。
先生にも、予防接種受けさせないとだめですよ、って言われてしまいました。
ホント、自分がやっていないのですっかり飛んでしまっていました。
うかつだったと深く反省。
弟一家は全員が受けていて。
一緒に連れてってよぉー。

若い人でも、筋肉や関節が痛かったり、気持ちが悪かったり、相当シンドそうなのに、爺さんは弱音を吐かず頑張っています。
早く良くなると言いのですが。

それにしても、薬の量が多いですね。
タミフルのほかにも、のどの薬、セキの薬、吐き気止め、解熱剤。
1回で2錠飲むのもあるので、いっぺんに8錠分を飲まなくてはならないの。
今日はもう吐き気止めはやめましたけど。

明日はわが身かなぁ。
今のところ一番身近にいるから。
うつらないといいのですが、こればかりは・・・
[PR]
by noro2happy | 2009-01-24 20:16 | 日々のこと | Comments(4)

早く帰ってきて

8時過ぎ、弟から電話が入り、爺さんがまた行方不明になったらしい。
近くを探したけれど見つからず、警察に届けました。
爺さんの情報を登録してあり、パトロール中のお巡りさんが見つけたら連絡が入るようにしてあるのですが。
まだ何の連絡もなく心配。
10時半までに連絡が来なかったら、捜索願いを出すって。
そうなると探し方が違うのかしら、よくわからない。
こちらからアクションを起こせず、ただひたすら待つだけっていうのは結構辛い。

することもなく、PCの受信メールを見たら、バンコクのボクサー君から。
昨日やった試合は判定で負けてしまったそう。
よくわからないけど、昨日の試合はタイ全土でテレビ放映が決まっていたそうで、
「ついに、オレも全タイデビューかぁ」なんて冗談を言っていたからちょっと残念。
でも、メールでは「今からアユタヤに行ってくるよ!」なんて書いてあったので、試合のダメージもなかったってことね。
これが何より、よかった、よかった。
あわせて、タイの治安も落ち着いているってことでひと安心。

ところでボクサー君、意外にもアユタヤは初めてらしい。
ワタシが2回行っているのにね。
この前の電話で「アユタヤいいとこだよ~、遺跡とかいっぱいあるし、ゾウにも乗れるよ」って言ったら、「いや、別に、寺にお参りに行くだけだから」だって。
敬虔な仏教徒ばかりのジム仲間に触発されつつあるわ。

「おじいちゃんが無事に帰ってこれるように祈ってきて」って返信したけど、彼がそのメール見る頃には笑い話になっているよね。
[PR]
by noro2happy | 2008-09-10 21:57 | 日々のこと | Comments(4)