<   2016年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

c0096685_18362684.jpg

上野に負けない夜桜のメッカ。
千鳥ヶ淵の緑道にやって来ました。
満開の土日ともなれば人人ぴっちゃんで
立ち止まらないでください!の連呼が聞こえるらしいですが
昨日の段階では五分咲きぐらいか。
でもそのお陰で、混み具合もまだそれほどではなく
ゆっくりと観ることができました。



c0096685_18430364.jpg

濠にせり出す桜。
水と桜って本当に相性が良いです。




c0096685_18452062.jpg

すこ~しずつ、ライトアップが始まりました。




c0096685_18484667.jpg

千鳥ヶ淵の名物といえば
ボートに乗っての水面からのお花見なんですが
ご覧のとおり、ボートはV字戦隊で待機中。
アナウンスによれば、水上の風速が8メートルなので
乗船を見合わせております、とのこと。

体感的にはソヨソヨ、てなもんなんですけどね。
なによりも安全第一。
さっすが千代田区やー。←だからダレ!

それでも諦められない方々が長蛇の列でした。
風まかせは辛いですね。
てか、だんだん強くなってくる気がしたんですが(^_^;)



c0096685_18563587.jpg


やたらピンクでしょ。
でも、これはウソの色です。
ちょっと照明が怪しい色で
こんなふうになってます。
とにかく大木が多いので見応えがあります。



c0096685_19462833.jpg

アップも一枚。



同じ道を戻るのもナンなので
帰りは半蔵門方面へ。


まぁ、これで終わるわけはなく
最後は一番町の老舗の酒屋「相模屋平助商店」のバーで。
さすがに酒の種類が豊富。
なかなかいい感じのお店でした。


c0096685_20065208.jpg


🌸明日は文京区方面に出没予定(*^_^*)










[PR]
by noro2happy | 2016-03-31 20:18 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

宣言!
今年は都内の桜名所を巡るぞ!
って、知らんわ。

その1は千鳥ヶ淵界隈。

なめてましたねー。
超近場で、いつでも行けると思いつつ早ン十年。
まともに花見で訪れたのはほぼ初めてといっていいか。
さっすが千鳥ヶ淵やー。←ダレ
5分咲きでしたが見事でした。

が、その前に先ずは靖国神社から。

会社から九段下までは徒歩圏内。
電車なら5分ほど。
やけに駅が混んでいまして
しかも、どう見ても花見客とは雰囲気が違う。
おっ、そうか、武道館か。

地上から外に上がると
報道陣の姿なんぞも見えて
誰?誰?誰のライブ?
気になって仕方がないので
報道カメラ持ってる人に聞きました。
(こういうのはおばちゃんの得意だから)

「ゲスの極み乙女です」爆
はー、なるほどー。
これまた旬ですもんねー。www



c0096685_23044687.jpg

武道館へ向かう橋の上から1枚。
うーん、もうひとつですか。




c0096685_23040916.jpg

ちなみにこちらのPicはちょうど3年前の3月31日。
ほぼ同じ場所からのお堀の桜。
数ある中でも、私のお気に入りのPic。

この日はまさに武道館目当てでしたっけ。
なにがあったのでしょうか?
テソン初のソロコン「D Live」の日だったよ。
うわぁ、あれからもう3年だ。
早いね。

おっと脱線。




c0096685_22211436.jpg


そんな武道館を後にして、まずは靖国神社へレッツゴー。





c0096685_22262037.jpg


靖国神社と言えば、
東京の開花予想の基準となる
桜の標準木があるところ。
さすがこの樹の周辺は一番の人だかり。



c0096685_22481811.jpg

お参りを済ませ、参道を戻れば
こんなレトロな食堂?も。
電話・電報の看板何十年ぶりで見たよ。
残念ながら、お値段はちっともレトロじゃなかったけど。


c0096685_22470724.jpg

時間がはやかったせいもあり、
まだテーブル席なども埋まってなくて
ここらで軽く一杯やって
ライトアップの千鳥ヶ淵に移動というのもありかも。
大がかりな屋台から漂ってくる食欲を誘う匂いを無視して
本日の目的、千鳥ヶ淵へと向かいます。









[PR]
by noro2happy | 2016-03-30 23:13 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

c0096685_21322012.jpg

中途覚醒して眠れない夜が2週間近く続いていたので
昨夜は久々に眠剤を飲みました。
にもかかわらず、3時半に一度目が覚め
ゲッ!またこのまま2時間眠れないのか?
と不安になったものの
その後3秒ぐらいで寝てたようです。
5時半に目が覚めるまでぐっすり。
あー、熟睡の満足感はこの上なし。




c0096685_21552384.jpg

わりと最近、ジム仲間のみっちーGoさんが転職して、
ワタシの職場のすぐ近くになりました。
前から一緒にランチをと話してましたが
ついに今日実現。
スンドゥブチゲの専門店「誠」へ。
たまに仕事以外の人とのランチは息抜きになっていいと思いました。




c0096685_21564070.jpg

帰宅後、図書館に行く道すがら
一か所だけソメイヨシノがほぼ満開になってました。

いよいよ春爛漫の季節になります。
明日は仕事帰りに千鳥ヶ淵を徘徊してこようと思ってます。
まだ少~し早そうですけど。


おわり。







[PR]
by noro2happy | 2016-03-29 22:07 | 日々のこと | Comments(0)

c0096685_21051869.jpg



朔風(さくふう)ってなんだろうと思ったら
北風のことだそうです。
そっか、知らなかった。
勉強になりました。

安永3年(1774年)の年の暮れから始まります。

と、ここで全く関係ないのですが
1774と入力して変換キーを押すと、
なんと安永3年というのが候補に出てくる!
スゴッ\(◎o◎)/!
Google日本語入力賢い024.gif

今回の磐音さんも、特別な変化は見られませんでした。
今津屋さんが絡まないので
少し物足りない感じもします。

磐音が関前に戻る時に知り合って以来
良き友となってほぼ毎巻登場している蘭医の中川淳庵先生。
執拗にカルト教団に狙われてましたが
ようやく今回で決着が付きました。

関前藩絡みでは、財政建て直しも地味ながら進んでいきます。
豊後の名産が江戸で如何程のものになるのかが今後の鍵です。
そして、お家を二分した騒動の折り、
磐音に協力して宍戸派の藩乗っ取りを未然に防いだ
別府伝之丈と結城秦之助の二人のキャラがより丁寧に書き込まれています。
磐音を慕っている様子が微笑ましいですし、
彼らを伴って佐々木道場へ行ったり
今津屋さんに紹介したりと
一生懸命後輩を育てようとする磐音さんの姿もステキです。
若武士の今後の活躍を期待しちゃいますね。

が、それにひきかえ、磐音さんを物乞い呼ばわりする
新しく赴任した江戸家老・福坂利高の存在が気になります。
緊縮財政の折り、一人浮かれて現実が見えていないし。
この先厄介な人物となることは間違いないですね。

あとは、関前にいる妹の伊代の婚礼が決まったこととか
幸吉くんの未来がちょっと見えてきたことが
明るい話題となりますか。


この作品を読んでいると
様々なところで江戸トリビアが散りばめられているのが
楽しみの一つでもあるのですが
今回の「へぇ~」は伊豆のわさび。
この時代あたりから、伊豆名産となってくるんですね。
読んでるだけで、ツーンとする本わさびを食べたくなります。
美味しいわさびってそれだけで酒のツマミになるんですよね(*^_^*)

もう一つは三越の前身駿河町の呉服商「越後屋」についての件。
伊代の婚礼祝いを探しに、おこんが磐音を連れて行くのが「越後屋」
それまでの呉服商は小僧や手代に荷を担がせて
各屋敷を回る訪問販売。
支払いは当然掛け値でした。
「呉服は高いもの、有る時払いの催促なし」が基本だったのが
「安値現金掛け値なし」の商法に変えて成功したのだそうです。


おまけ:
越後屋の店先@江戸同郷博物館

c0096685_21055403.jpg


[PR]
by noro2happy | 2016-03-28 21:17 | book | Comments(0)

妄想女子部の昼から宴会

c0096685_21040386.jpg


桜に合わせてピンクジヨン。
というのは強引ですか。
桜色は照明のせい。
こういうコスプレさせたら神だわ

延々と続いた(って気がする)大陸でのファンミ。
とりあえずは一旦終了ですかね。
毎回毎回、いろんなゲームやってました。
ワケワカメなものも飲まされたり
ビリビリしびれたり
おしりに風船入れられたり。

まるでバラエティのお笑いタレントのようですが
これもファンサのひとつか。。。
お疲れ様でした。
なんて言ってるけど
日本では何を見せてくれんでしょうかねー。





c0096685_21042014.jpg


今日はNモ邸で昼から宴会~068.gif
いやいや、昼前から宴会でした。
ほぼ定例となったBB友の会。
またの名を妄想女子会とも言います。



c0096685_22000524.jpg



本日のDVD鑑賞:
MADEツアー@東京ドーム
バラエティ「話神」ジヨテソバージョン(2013年)
YGペミコン@東京ドーム

まぁこんなのを見つつ
あーたらこーたら勝手にしゃべくり
勝手に歌い
勝手に妄想する素晴らしく楽しいイベントです。

7時間半にわたり、ひたすらビタミンBBの注入。
これでまた一週間頑張るぞい。








[PR]
by noro2happy | 2016-03-27 21:14 | 日々のこと | Comments(0)

c0096685_08011137.jpg

昨夜は東京ドームシティへ。
ドームを見ると条件反射のように
胸がドキドキするっていったい。。。
病気か?(←ある意味正しい)



***



あと少し頑張れば
年度末の忙しさから開放される。
ということで、ちょっと息抜きに
「スパ・ラクーア」でまったりしてきました。

以前は結構通ったものですが
ここ数年はすっかりご無沙汰。
暫くぶりに行ったら
別料金の岩盤浴ゾーンの料金が300円以上も値上がりしてた 005.gif

1時間半ほどたっぷりと汗をかいた後は
お楽しみの泡とお食事。



c0096685_12053099.jpg

京都高台寺 よ志のや
以前とはまたテナントが変わっていました。
ただ基本、作りが変わらないので
行けば必ずここのカンターに座ります。
お料理は普通以上であればいい。
要はここから眺める景色が好きなので。

ちょっとした旅気分が味わえて
帰りたくないなーッて思ってしまうところが難点(^_^;)

食事の後は露天風呂へ。

滞在時間4時間ほどでしたが
都会の真ん中で温泉気分を味わって
あ~リラックスできた(*^_^*)





[PR]
by noro2happy | 2016-03-26 13:55 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

c0096685_20161318.jpg




岩手県雫石高原を目指していた大手進学塾・首都圏ゼミナールの
強化合宿バスがハイジャックされた。
人質は、小学5年生30名。
犯人は身代金10億円を要求する。
車内には停職中の警視庁捜査二課管理官、
田名部昭治も同乗していた。
大和新聞東北総局遊軍記者宮沢賢一郎は、
犯人グループが金融取引の専門知識を悪用して
身代金奪取を企てていることに気付く。
警視庁捜査一課特殊班捜査係(SIT)をも翻弄する
身代金受け渡しスキームを宮沢と田名部は阻止することができるのか。
バスは東北自動車道を北上、
タイムリミットが刻一刻と迫る!
(文庫版表紙裏より引用)




前回読んだ「共震」感想文★のダブル主人公
宮沢記者と田名部管理官のコンビです。
というか、もともと
「みちのく麺食い記者シリーズ」というのがあって
その5作目なんですね。
「共震」では田名部が宮沢のことを
「疫病神」と言っていましたが
なるほど、出だしで納得でした。www

高速を突っ走るバスジャック
なんか、映画でも観てるような感じ。
スピード感があってどんどん進みました。
でも、この作品の面白いところは、
犯人にとってバスジャックはあくまでも警察を欺く疑似餌。
本当の身代金受け渡しは水面下で行われているもう一つの誘拐事件。

で、その方法なんですが・・・
悲しい。
自分が経済オンチだということをすっかり忘れてた。
面白いんだけど、絶対にこのトリックを説明できない(T_T)
とにかく、元証券マンの犯人と
元経済部敏腕記者との知能比べということかな。

登場人物のキャラがそれぞれにステキ。
田名部は「共震」のイメージではクールだったけど
娘を思う優しいお父さんを見せてくれました。
そして、宮沢さん、イケメンなんですね。
エピローグでの宮沢さんを取り合う二人の女性の戦い?
に、ニヤニヤしました。
実は妻と、その座をおびやかそうとする田名部の小5の娘なんだけど。

「みちのく麺食い記者シリーズ」、
困ったときの予約本にリストイン決定です。





[PR]
by noro2happy | 2016-03-24 20:34 | book | Comments(0)

c0096685_19541365.jpg

三時のおやつの配給。
いただきもののお饅頭とゼリー。
数の都合で女子だけ2つ。←ラッキー♪

どちらも季節モノ。
さくらんぼのゼリーよりも白あんの饅頭のほうが好みだった。
上に乗った桜の塩漬けが甘さを和らげてくれました。

明日から数日は、また寒の戻りとか。
でも、あまり暖かい日が続くと
桜が咲ききっちゃう。
三寒四温。
うまくできてます。

といっても、ホントの三寒四温の意味は
冬の気象に用いる言葉。。。
昔習った記憶あり。
でも、体感的には春先、この時季にぴったりですよね。


***


さすがに厚顔のワタシでも、この写真は不可だろうと思うので
言葉で説明いたしますが
肩甲骨とふくらはぎに出来た7ミリほどのシミ。
これが突然かゆくなりまして。
シミがかゆいなんてことあるんだろうか???

調べましょ、調べましょ。
『シミがかゆい』で検索。
(↑まんまじゃね)
いやいや、素晴らしい件数がヒット。

脂漏性角化症というらしいです。
別名「年寄りイボ」「老人性イボ」←ググゥッ!
だんだんと盛り上がってくるんですが
この過程で痒みを伴うことがあるらしい。

良性腫瘍なので、ほっといていいのですが
気になるならレーザーで除去することも可能。
見えない場所だから別にいいんですけど。

いろいろ出てくるわ、年取ると。
かの小泉今日子さんは
「老化」は劣化ではなく「変化」だって
なにやらに書いてらっしゃいましたが・・・
いやいや、劣化でしょやはり、と思ってしまいます。

最近は、自分の唾液を誤嚥してむせる。。。。゚(゚´Д`゚)゚。






[PR]
by noro2happy | 2016-03-23 20:20 | 日々のこと | Comments(0)



c0096685_19463200.jpg


あ、あーっ、このベッドルームで✕✕✕
いらん妄想かきたれられるじゃないか(^O^;)

最近小出しにしてる(って、まだ2回だけど)
GDさん、お家の一部公開。
生活感はまるでなしの
五つ星ホテルのスイートのような高級感。
( ´Д`)=3

次はバスルームちゅせよ。←オイ!








なんかねー
別にいいんですけどねー
なんでも一緒に歌っちゃうんだね
あちらの方って。
イフユーとかさ、ヌンコイップとかはさ
静かにじっくり聞きたいって思っちゃうんですけどね。

1月の東京ドームのオーラスの時に
隣りの男性がずーっと一緒に歌ってたのね。
アップテンポの曲だったら許すけど。
まさにヌンコイでヤラれちゃって。
お前のミアネミアネはどーでもいいんじゃ!!!
って、言いたかった。。。

しかし、3月はホントにチャイニーズ月間だね。
毎週末ごと。
会場が日替わりだから、広い大陸の移動は大変。
でも、よくよく考えたら4月後半からは日本だ。
しかも週末は2回公演。
これまたハードだわ。

正直どうなんだろう。
定番ゲームとか、毎回のようにBBハンバーガーやってるし、
メンバーも結構楽しんでる(ように見える)。
さほど緊張感なくできるのかな。
ならばいいんだけど。




c0096685_19170926.jpg

前回の日本でのペンミで一番印象に残ってるのは。。。↑
このハンパない女子力。
またコスプレ見たいわぁ。



おまけ:


オ、オイ・・・タプさんてば
どこ触ってんじゃいwww 010.gif

やっぱこの存在大きいわぁ。
なんで来ないの?
。゚(゚´Д`゚)゚。

[PR]
by noro2happy | 2016-03-22 20:14 | 日々のこと | Comments(0)

c0096685_21154993.jpg



今までで一番!
本がきれいでした←って、おい!そこかい(^O^;)
去年の6月発行、第61刷でした。
すごいねぇ。

今回は、品川沖の紅葉狩りを楽しんだり、
中川淳庵先生のお供で行徳に行ったり
王子稲荷のお籠りだったり
いつものテリトリーを出て物見遊山的な場面もあり
ちょっとほのぼのした感じでしょうかね。

もちろん磐音さんのことですから
当たり前に行って帰ってきました、ではすまないのですが
ストーリー的には特に大きな展開もなく
小休止といえるかもしれません。
人の良すぎる磐音に、今津屋さんの老分がキレる!
なんて場面もありで、
相変わらず血が飛ぶ割りにはどこかユーモラスでした。

タイトルの狐火ノ杜こと王子稲荷では
おこんさんが不逞の浪人者にさらわれてしまいます。
狐火だけにちょっと摩訶不思議現象もあったり。
うん、やっぱりまったりと読めるといった印象です。

そのおこんさんですが、冗談ぽくではありますが
磐音さんに自分の気持を伝えちゃったりしますよ。(*´艸`*)
朴念仁?の磐音さん、おこんさんの思いに気付いたのかな?



毎日のように何気なく見ている小名木川も、
もともとは行徳の塩を江戸に運ぶために開削されたそうな。
定期船が行き交うさまを想像するのも楽しい

あと、お風呂屋は町内一湯の決まりがあったそうです。
特に、お城界隈には湯屋の開業を許さなかった。
湯屋が火を使う商売だからとか。
にゃ~るほどぉ。
読むたびに、いろんなトリビアがあって勉強になります。





[PR]
by noro2happy | 2016-03-21 20:27 | book | Comments(0)