<   2015年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


c0096685_18243310.jpg

今何時? ちょっと待ってて
今何時? まだ早い
不思議なものねアンタを見れば
胸騒ぎの腰つき
(サザンオールスターズ 「勝手にシンドバッド」一部引用)

もろに↑の心境。
いよいよカウントダウンはじまりました。
心拍数上がる。053.gif053.gif053.gif

2曲とも盗聴(^^;)したので
あっと驚くことはなかろうが
「BAE BAE」の19禁映像が楽しみであり、怖くもあり。

あと3回こんなの続くのね。
不整脈おこしそうだわ。





c0096685_18205759.jpg

VIPになって初めてのこれを思い出してます。
あー、ホントに3年もたったんだ。
感無量。

お、あと7時間だ 059.gif 059.gif 059.gif






[PR]
by noro2happy | 2015-04-30 19:00 | 音楽 | Comments(4)

今のシーズン一番の旬の花といえば「藤」よね。
今日は、友人のカトさんと一緒に
以前から気になっていた『あしかがフラワーパーク』で藤づくししてきました。

足利といえば、栃木県。
栃木県といえば日光に川治鬼怒川。
東京からだとどうしたって一泊コース。
遠いってイメージだったけど
ここら辺りなら十分日帰りできちゃうのね。



それでは大人の遠足スタート!
上野駅8時発のJR宇都宮線快速「ラビット」で小山まで。
小山からはJR両毛線で「富田」下車。
所要時間2時間でした。

車はこの時期渋滞必至なので、電車、オススメです。
といいながらも、今日は踏切で緊急停止ボタンが押されたとかで
10分ほどの遅れが出たけど(^_^;)

「富田」から『あしかがフラワーパーク』までは徒歩で13分。
一本道なので分かりやすい。
つか、藤狙いの人が大勢さんなので、迷いようがない。

入園料は大人900円から1700円。
この差はナンなのかというと、
花の咲き具合により変動するとのことで
毎朝7時に当日の入園料が決定します。
なかなかユニーク。

で、今日はもちろん1700円。
駅前で200円の割引券をゲットしたので1500円也。

園内に入るとプーンと藤の香りに包まれます。
そして、すごい、すごい。
そこにも、ここにも、あそこにも
藤圭子に、藤あや子に、藤正樹(←知らんて?)




c0096685_20173102.jpg

一番人気?
「大藤・むらさき藤」
ここまでのは見たことがない。
圧倒されました。



c0096685_20351519.jpg


まるで天から降り注ぐ藤のシャワーだぁ~!!




c0096685_20251174.jpg

藤の蜜は美味しいんだね。
ミツバチがたくさん。




c0096685_20260805.jpg

こちらは淡い桜色の「うす紅藤」。
そこはかとない恥じらいがワタシの如くで(←オイッ)ステキでした。



c0096685_21300835.jpg

うす紅シャワーにうたれてぇ~♪




c0096685_20170183.jpg

白藤は5月上旬が見頃とあって、まだちょっと早かったけど、
ワタシのごとく気品があって(←だから、オイッ)ステキでした。





c0096685_20255601.jpg

きばな藤はさらに開花が遅くてまだこんな感じ。
日本ではここだけという80mのトンネルがあるのですが
残念ながらただの緑のトンネルでした。




c0096685_21082349.jpg

一見ぶどうのようにも見えるこれは八重藤。
藤にも八重があるって初めて知った。




c0096685_21083115.jpg

アップにすると・・・
花びらが縮れている。




c0096685_21135967.jpg

もちろん、藤以外も百花繚乱。

あしかがフラワーパークなめたらいかんぜよ、だったわ。




おまけ;
c0096685_21302148.jpg

藤ソフトクリームは380円でした。



つづく。。。

[PR]
by noro2happy | 2015-04-29 21:39 | ちょっとお出かけ | Comments(8)

c0096685_19225399.jpg

今朝の新聞に、浅田次郎さんが春の紫綬褒章を受章されたとの記事。
おめでとうございます。
歴史が大好きで、少しでもわかりやすく伝えることが
自分の使命と仰ってました。

本書は中国の歴史小説。
ご覧のとおり、文庫で全4巻と、かなりボリューミー。
一気に読めればよかったのですが
後がつかえてる本優先で読まねばならなかったので
(何度も言うが、図書館読書の辛いとこ)
2巻読んで、1ヶ月ほどのブランクを経て
後半の2巻を読むという変則読書。
なんだかんだとすべて読み終えるまで1ヶ月半近くを要してしまった。



時代は中国清朝末期。
皇帝はまだ若い光緒帝。
政治の実権を握るのは西太后でしたが
清国の将来をめぐり、紫禁城は守旧派と改革派との思惑が入り乱れていました。

物語は糞拾いで生計を立てる貧しい子供、李春雲と
兄の影に隠れて顧みられることなかった梁文秀、
二人が兄弟の契りを結ぶ、生い立ちから始まります。

やがて、春雲は貧しさから抜け出すために宦官の道を選び、
宮廷に入り、西太后の寵愛を受けて出世していきます。
一方、文秀は科挙を主席で合格し、高級官僚の道を進み、
光緒帝の側近となります。
二人は互いの立場を違えたまま
やがて時代の激流に飲み込まれていくのです。


前半は目が離せないくらい、没頭して読みました。
貧乏から抜けるためだけに宦官になる子どもたち。
アレを切っちゃって、術後?どのような処置をするのか。
その描写がまたリアルなんだわ。
痛っ、痛たっ!
それと科挙ってものがどれだけ過酷ですごい制度だったのか。

しかも、なんとなく勝手にそれらが行われてたのは
ずっと大昔みたいなイメージで読んでましたが
日本では明治維新。
後半は萬朝報とか出てくるし。
考えれば日本の鎖国同様、中国も独自の路線?を歩んでいたんですね。

で、先ほども書いたけど
1ヶ月ほどのブランクを経て後半。
ここからはグッと政変モードに突入。
ただでさえややこしやーの中国人の名前。
せっかく覚えてた人も悲しいことに忘れてたりして。。。(>_<)
かなり読書スピードがスローになってしまった。

それにしても、いろんな書物や映画でも描かれている西太后。
オドロオドロで極悪非道のイメージだったけど
浅田さんは独自のキャラを与えて、身近になったような気がした。

ドラマでは田中裕子さんが西太后を演じたようですが
見たかったなぁ。
多分実写で見て、本を読んだらもっとわかりやすかったかも。
再、再?放送?
やってくれないかな。

いつかもう一度じっくりと読み直したい大作でした。



おまけ;
文庫版の解説で陳舜臣さんが書いてますが
「日本は中国から多くのものを吸収したが、
科挙と宦官だけはついに採用しなかった」とあります。
ですが、朝鮮はといえば、どちらも韓ドラ時代劇ではお馴染み。

そして科挙といえば、どうしたって思いだしてしまうのが
「トキメキ☆成均館スキャンダル」
でもね、実際はあんなもんじゃなかったのね。
想像を絶する狭き門で、幼い時から家庭教師を雇い
対策と傾向をガッチリやって挑むもの。

因みに、「圧巻」というのは科挙から来た言葉だそうです。
科挙の答案は巻になっていて、
成績順に並べられ、主席の受験生の答案は、
一番上に乗せられるそうです。
他の答案を押さえつけているので「圧巻」と称されると。
あと、説明割愛しますが(^_^;)
「破天荒」という言葉もだそうですよ。





[PR]
by noro2happy | 2015-04-28 20:47 | book | Comments(2)

金曜日に休んだツケが回って
今日のオニ忙しさと言ったら。
(自業自得というが)
やれるとこまでやるけど、残業はしない。
そう決めて、朝から脇目もふらず
右から左へお仕事をさばく。

癒しのランチタイムも
なんだか仕事の愚痴の言い合いになって
スッキリせぬまま食後の歯磨き。

そんな時でありました。
ブブッと携帯が震え、BB友からのLINE着信。
なんとそこにはジャパン・ツアーの日程が(*´艸`*)


c0096685_19561182.jpg



ついに、ついに
来たかチョーさん待ってたホイ。

たったそれだけのことなのに
ナンでしょね。
今までのドブネズミ色のドヨ~ンな空気一変。
まるでアルプスのお花畑出現かのような。

その時の感動と興奮は


c0096685_19541789.jpg

クララが立った!
に勝るとも劣らない・・・
興奮しまくり千代子。

(こういうこと書くから、アナタ大丈夫?って心配されるんだよな。
大丈夫でーす)

それからというものは、
時々ニヤニヤしながらも、仕事はかどるはかどる。
すごいわねぇ、BIGBANGの力って。
(↑いや、アンタがすごいって)



とにかく、ジャパン・ツアーが正式決定して
嬉しくてたまらないということで。
梅雨が来て夏が来て秋が来てそのあとだけど
完全アルバムツアー(;_;)
待ち遠しいなぁ。




ギョッとしたおまけ;

家に帰って落ち着いて見てみたら
アジアツアーの日程も出てました。
はぁ、バンコク、7月11、12日・・・
な、なんですとぉぉぉ!!!

昨日のことよ。
夫ドッコイが、今年も7月前半でバンコクに行こうって言うから
なら10日ぐらいからがいいかしらね、なんて
話したばかりだったんですけど。
これってもしや?

いやいやいや。
ないないない。
だめだめだめ。
同じ異国にいて、空気が美味しいなぁって
それだけ。
それ以上はダメ。






[PR]
by noro2happy | 2015-04-27 20:25 | 日々のこと | Comments(1)

相変わらず上から目線でごめんよの
映画「王妃の館」感想などなどを。

つい最近浅田次郎さんの原作を読んだばかり。
(感想文こちら)

そこそこの期待をして映画館まで足を運んだのですが・・・
冒頭の3分ぐらいで早くもイヤな予感。
ハハハー(^_^;)
的中してしまったわ。
残念ながら期待はずれに終わってしまった。



c0096685_20140088.jpg
こちらポジツアーご一行様



c0096685_20132893.jpg
こっちはネガツアー



昼夜で同じ部屋を別のツアーが使うという
Wブッキングでのニアミスのハラハラ感。
一癖も二癖もあるツアー客のそれぞれの事情。
プラス、ルイ14世とプティ・ルイの宿命。
この3本柱が面白さの要だったのに
映画では生かされてなかったなぁ。
ドタバタで笑わせて、最後はウルッという
お約束を期待したけど全然違っちゃった。
原作とはもう別物としてみなければね。

あれだけ登場人物が多いので
誰かにスポット当てるのは分かるけど
水谷豊演じる北白川右京のキャラが立ちすぎ。
ワタシは女性編集者との絡みも好きだったのに
その設定はすっぽり消えてしまっていて残念。

まぁ、映像で見てよかったと思ったのは
ベルサイユ宮殿の「鏡の間」かな。

そうそう、ラストシーンで、プティ・ルイが
宮殿に行ってしまうのを止めようと
子どもたちや街の人々が広場に集まって歌をうたうのだけど
このシーンが一番良かった。

レミゼ入ったようなミュージカル仕立て。
歌上手い!曲良し!!
フランス人だけど顔がおもいっきり日本人なので
by劇団四季!みたいな?




c0096685_20313753.jpg

映画の後は「だし場」でお茶。
「三種盛り御膳」1500円也。
パンナコッタ、あんこのパンケーキ、きんつば。
パンケーキのソースが豆乳仕立てで美味しかった。
きんつばなんて多分人生で2度目くらい。
やっぱりあんまり好きじゃないわ。
と言いながらも完食したけど。




[PR]
by noro2happy | 2015-04-26 20:42 | 映画 | Comments(2)

c0096685_15120188.jpg


昨日はCNBLUEのライブにGo。
『CNBLUE SPRING LIVE 2015"WHITE" 』
の前に、
今シーズンお初の冷やし中華。
参戦前の腹ごしらえ@日高屋。





c0096685_13560426.jpg

横浜アリーナ初日。
お席はこんな感じ。
遠~い(^_^;)
ほとんど天井席と言えるブロックでしたが
通路を挟んで1番前だったので
遮るものなく、柵にもたれながらまったり。
お陰で(←お陰で?)
K-POP参戦初の最初から最後まで座りっぱ。
ノレなかったというのではなく、
むしろ、上からだと会場全体が一体となっているのを目の当たりにできて、
実に省エネな楽しみ方で満喫いたしました。

オープニングはツアータイトルの「WHITE」から始まりましたが
昔の懐かし目の曲も結構聞かせてくれた。
途中、オーケストラを加えてのリアレンジ曲も。
全体的にはワタシ好みのアップテンポが多く
ヨンファお兄さんのシャウトと
ミニョクのスティックさばき、
いつもながらゾクゾクしました。

全21曲、のわりには2時間程度のステージ。
いつもほぼ3時間コースに慣れてるので(^_^;)
なんか物足りない。
誰かさんと違って、ムダなMCがないからって?
いやーん、そこ大事なんですけど。


帰りは新幹線つかっちゃった。
当りまえっちゃ、当たり前だけど
なんたって、新横浜からはこれが一番。
たった15分ほどで東京駅着。
しかも在来線より本数多いし。
まさに時間を買うってやつだな。
この便利さはクセになる。
今後、横アリはこのパターンになりそう?
ツアー代金プラス新幹線特急料金計上しとかないと(>_<)







***

c0096685_15273871.jpg
さーぁて、こちらはといえば
片時も冷静でいられないBIGBANG
今夜はいよいよワールドツアー初日のソウルオリンピックスタジアム。


c0096685_15281522.jpg


注目は、新曲の「ルーザー(LOSER)」と「ベベ(BAE BAE)」
どんな曲なんだろう。
やばいなー、楽しみすぎて今夜はSNSから離れられないな。

053.gif 053.gif 053.gif 053.gif 053.gif






[PR]
by noro2happy | 2015-04-25 15:58 | 音楽 | Comments(4)

やっほほ~~~い☆♪

今日はお休み。
3月は忙しくて有給取れず
結局また繰り越せない分を数日捨てて新年度。
頑張って休んだつもりだったけど(_ _;)
やっとここへ来てなんとか1日ねじ込んでやった。

久しぶりの平日休日。
天気もいいなぁ。
ラストスパートの選挙カーがひっきりなしなんだなぁ。

先ずはお給料だ。
とりあえずは銀行へ。
夫ドッコイの口座から生活費。
ワタシの口座にはしょぼい年金。
(偶数月が楽しみになるなんて、泣ける)

そのあとは美容院へ→→→

なんとまる3ヶ月以上美容院へ行っていない。
これはすごいことだよ、ワタシにとっては。
20年欠かさず、ツキイチ皆勤賞だったから。
でも長年親しんだベリーショートもさすがに飽きてきた。
で、そのまま放ったらかしの3ヶ月。

当然、ちょいとお久しぶりな人は気付くわけなのですが
ほぼ8割の確率で
「今の髪のほうがいいよ」とか
「女らしい」とか
ただの放ったらかしの評判がとてもいい。
てことは、今までのは実はあまり良くなかったってことみたい。
似合うと信じてたのはアタシ一人だった?

てなわけで、ニュースタイルを維持するために
美容院で毛先のカットでも、と思ったわけです。
けど、結局やめた ←おいっ!

あー、そうなんです。
もうしばらくこのままでもいっか、なんてね。
行かなかったのならここまで詳しく書くな!
ですよねー(^_^;)

伸び放題でもそこそこスタイリング出来てるのは
カットが上手だったのかしら。
それともやっぱりワタシの頭の形がいいからかな。
でも、さすがに生え際の銀髪だけは
ぼつぼつ隠しておかないと。

しばらくぶりで自分でカラーやりました。
ドラッグストアには色んな種類がありすぎて悩む。
でも、明るめの色があまりなくて。
今回使ったのはこれ。

c0096685_12490766.jpg

匂いが少なくて自分で混ぜ混ぜしなくていいのでお手軽。
残りは取っておけるらしい。

さて、美容院の次に行こうとしたのは病院。
でもこっちも、結局やめた
胸痛はだいぶ楽になってきたし
行っても多分、胃酸を抑える薬を処方されるだけだろうと。
もう少し様子を見ても大丈夫そう。
自分の身体は自分がいちばんよく分かる。
人はソレを過信というけど。

で、それらの時間を使って
部屋の大掃除。
ホットカーペット、ファンヒーターもしまって。
(ま、これには一抹の不安もありですが)
同時に厚手のシーツやカバーの洗濯。
セーター類も洗濯。
冬から初夏へと様変わり。

あー、すっきりした。
これでお出かけできる。
えっ?
そーなの。
これから横浜たそがれ。

今夜は横アリCNBLUE。

バイチャ!





[PR]
by noro2happy | 2015-04-24 15:30 | 日々のこと | Comments(0)

胸が苦しいと書いたばかりで
今日のメシネタはちと恥ずかしいかも。
ご心配いただいた方々、ミアネミアネ m(_ _;)m

胸やけするからって食欲がなくなるわけじゃない。
ツバ飲んでも胸がつかえるんなら
ご飯食べてつかえたほうがまし?

ええい、何言っても言い訳にしか聞こえませんね。
よりによって、明太子の食べ放題って、奥さん。。。

気候も良くなってきたので週一外食ランチ復活!
ということで、今日は御茶ノ水ワテラス内
博多明太子の「やまや」です。
その前は「梅の花」だったところが
知らぬ間に「やまや」にバトンタッチしてた。

福岡つながりではあるけど
雰囲気はガラッと一転。
静けさが売りの梅の花から
一気に居酒屋のノリでした(^_^;)



c0096685_19124569.jpg

ワタシはこれ~♪
がめ煮定食。
小鉢は卯の花。

写真では分かりにくいけどとってもずっしりなの。
タケノコやゴボウもどっさりでお腹にたまる。
鶏肉はほろほろでヤワヤワ。
お味は薄めなので、これだけではご飯のおかずには物足りない。
そこで!これだわ。





c0096685_20023865.jpg

高菜の漬物と明太子が食べ放題。
中身がなくなったら補充なんて
そんなセコいことは言いませんよ、やまやさんは。
お客さんが変わるごとに器を下げ
新しい山盛りを持ってきます。
なので、常にトングなども清潔。
ナイスな心配りですね。

高菜も美味しい。
恐ろしい、恐ろしい。
どちらもメシの友。

おかわりいかがですか?って
言うな言うな、デニーズのコーヒーおかわりとはわけが違うの。
けど、気持ち揺らぐじゃないの。
ダイエット中の人、回れ右。
痛風持ちには目の毒。
コレステロール高めの人にも生き地獄。

食べ放題ったって、そうそう食べられないわ。
なんて言いながらも、調子に乗って4切れ食べちゃったから
ひと腹分ぐらい?
今日は塩分摂りすぎだな。
てか、食道大丈夫なんかな?
もう自己責任てことで。
今んとこ、昨日よりマシ(*^^)v



c0096685_19125745.jpg

オープンキッチンではやまやのTシャツ着て
キビキビ働くおばちゃんと若人。
挨拶もやたら声がでかい。
気持ちが良いけど、ちょっとうるさい(_ _;)


c0096685_19131835.jpg

前金制なので入口でメニューを見て
予め食べるものを決めます。
とにかく全て、おかずの量多めです。
店内は程よい間隔があり、
かつ、相席させないのでゆったり感があります。

それにしても御茶ノ水界隈はほんとランチが充実してるなぁ。
何度も言うけど、新川とはえらい違いだわ。






[PR]
by noro2happy | 2015-04-23 20:35 | 味覚 | Comments(4)

事実、胸が痛いのです。

あーーー、胸が痛い。
う~~~、胸が苦しい。

こんなふうに書くと
またあれかい、大好きな妄想かよって、
絶対思ってるでしょ。
思ってるよね。

違うの。
ホントに胸が痛いのよ。
昨日の夜から。

思うに、食道裂孔ヘルニアではなかろうかと。

6年前、健康診断で胃カメラ飲んだ時
この病名を診断されてたのです。
三大症状は胸やけ、胸痛、つかえ感。
当時は全く自覚症状がなかったので
気にもとめてなかったけど・・・
まさに三つ巴で襲ってきた(_ _;)

予防策としては
食過ぎ、飲み過ぎに注意すること
↑辛いです!

油っこいものや甘いもの、刺激のつよいもの、酸っぱいものを控えること
↑全部大好きです!

ゆっくり食べる
↑難しいです!

いやだなぁ。
一過性のものならいいけど。
このままつかえが取れなかったら
病院行かなくちゃだめかしら。


ということで今日は終了なんですが
なんの写真もないの、寂しいので
ワタシの胃カメラ画像アップします?

ウソだよ。
冗談よ。




c0096685_20373960.jpg

今夜は9時からこれ観ます!
070.gif070.gif070.gif

「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」
1983年5月16日、マイケル・ジャクソンが初めて披露した、
たった2秒の"ムーンウォーク"に世界がくぎづけになった。
これが分岐点になり、
マイケルは不動のスーパースターに駆け上がっていく。

オオッ!!
マイコー!!!





[PR]
by noro2happy | 2015-04-22 20:42 | 日々のこと | Comments(6)


今朝、ヨーグルトに混ぜようと
新しいブルーベリージャムを取り出して
フタを開けようとしたところ・・・
う、うっ、硬っ。
握力に関してはそこそこ自信ありなのですが
どうにもこうにもフタが開かない。

底をトントンぶつけてみても
フタをガツガツぶつけてみても
ウリャ~と気合もろとも力を入れても。

簡単に開ける方法はないかしら。
携帯で検索。
一番最初にヒットしたやつで試してみました。

オッ、なんと、開いた\(◎o◎)/!

その方法とは
フタを回すのではなくて
利き手のほうでビンを持ち
そのままグッと回す。

ビンのほうが大きいので力が入りやすいそうです。
にゃーるほどねー。
発想の転換ってやつか。

皆さんも一度試してミソ。
あ、知ってた?




c0096685_20544449.jpg


職場の近くのどら焼き専門店で
季節限定のチーズとアンコのどら焼き。
限定モノに弱いというのもあるけど
抗いがたいチーズとアンコのツートップ。

アクアビクス教室前の小腹満たしに食べましたが・・・
なんでしょね。
思ったよりもフツーなんだけど。
もちろんこの組み合わせだから不味いはずがない。
というよりも、おいしくって当たり前。

勉強できる子が90点とっても褒められないってのと同じ理屈?
期待感が勝って味がついてこなかった。

ん、ん、ん?
こういうことってあらゆる面で確かにあるわ。

フト、本当に唐突にフト思ったけど。
BIGBANGのカムバックアルバム、
(↑結局そこかよって、言うんじゃないわよ!)

期待値ハンパじゃない。
よく出来て当たり前。
うわぁー、すごいプレッシャーだ。
なーんて、今更なことを、どら焼き食べながら思いました。



c0096685_21291476.jpg

タプさんの怒涛のインスタ更新が止まらない。爆
フォローしてなくてもアチラコチラで見かける。
てか、引き続きジヨンかさー❤
が、ここはあえてのスンリ。

終わったところを見計らったかのようにセルカアップ。
銀髪、ワタシは好きです。
胸元もいつになくエロさ感じるんですけど。






[PR]
by noro2happy | 2015-04-21 21:49 | 日々のこと | Comments(2)