<   2015年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

032.gif本日東京はテソン晴れ 058.gif 058.gif 058.gif
ですが、さっき外へ出たら北風が強ッ(T_T)


ビッベン、昨日は上海でテレビ番組の収録。
✈✈✈✈✈からのテソンソロコン。
タイトなスケジュールで心配だけど
まっ、若いからな。

いよいよ始まる
「D-LITE Encore!! 3D Tour」
今日、明日の2Days 参戦!!

おテソ~ン、おひさ!!
バックハグのエロ天使以来だね~。
あの日見てしまった光景を
今日のステキな笑顔
上書きしたいと思います。
c0096685_12032698.jpg

どんなコンサートになるんだろう。
セトリもステージ構成もわかんない初日に行くのって初めてだな。
けど、それはそれで非常に楽しみでもある。
アンコールツアーなので
本来なら去年の3Dツアーの焼き直しってイメージだったけど
95%変わりますっていうテソンの言葉を信じると。。。

去年のソロツアーの終盤に発売になった
アルバム「D'slove」からの楽曲が中心になるのかな。
なってほしいなぁ。

このライブのために久々にアルバム聞いたんだけど
危うく通勤途中で泣きそうになってしまった。
やだ、新鮮。
やだ、歌詞が胸にしみる。
シャラップ、ナルバ、Rainyは聞いているけど
他のは生ではまだ。
楽しみ!!!

ほんでは行ってきまーす!!



[PR]
by noro2happy | 2015-01-31 13:07 | 音楽 | Comments(0)

c0096685_22531447.jpg




バンコク続きのつもりだったけど気が変わった。
読み終わっちゃったんで読書感想文です。
今年はイイ感じに飛ばしてるなぁ。

スプラッシュマウンテンを捩ったと思われる
とぼけたタイトル。
畠山さん。。。「本所おけら長屋」(感想文はこちら)の作家さん。
江戸の長屋から現代のマンションにうつって
遊郭の吉原はソープに。
場所も下町、馴染みのあるところ。
錦糸町とか、新小岩って。。。プフフ。


東京下町・新小岩の分譲マンション「ルネッサGL」の住人麻丘と南は、
管理組合の理事長・高倉と管理会社の馴れ合いに不信を抱きます。
理事会が終了後、高倉にやり込められた麻丘と南は
仲良しである葉山を参謀として
高慢で小悪党の理事長を懲らしめようと
「大人のいたずら」を仕掛けることに。

そこに、同じマンションの住人であるソープ嬢の貴子が加わり
冗談から始まった復讐劇はどんどん大きくなって
追い詰められた高倉はとんでもない行動に出ます。

「人生は遊園地。遊んじゃえばいいの」。
って言ってるけど、後半はだんだん笑えなくなってきた。
たかが小悪党にとどまっていたキャラが
女房を人質にとって立てこもっちゃうてのは。。。
高倉があまりにも哀れすぎて引いてしまう。
所詮小者なんだから最後までその路線で行って欲しかった。

同じ女性として、女房の言動は不快だし
佐々木だって、実際にこんな人が近くにいたら怖すぎ。

麻丘、南、葉山の三匹のおっさんぽいキャラが結構好きなだけに
ちょっと残念。
最後まで前半のユーモラスなとぼけたノリでいけばすっごい面白かったのに。

それにどう考えても、高倉の女房が
刑務所へ差し入れするってのはありえない。

感想には男女差があるかも。
男性には面白いのかな???



[PR]
by noro2happy | 2015-01-30 23:14 | book | Comments(0)

バンコク備忘録に戻ります。
終わってないよ(^_^;)

AIRの続きなので今日はホテル。

『成田発着直行便利用バンコク4日間
デラックスクラスホテルに滞在』
と、銘打ったツアーなもんですから
もちろんホテルはウリの一つであります。


c0096685_18061349.jpg

宿泊は四つ星ホテル「モンティエン・バンコク」。
最寄り駅はサラデーンとシーロム。
夫ドッコイお気に入りのホテル
「ディシッタニ」があるところなので
過去に何度となく訪れて土地勘はあるところ。
って一応言っとくが
どうしても道が覚えられないアタシに対して
たった一度でナビが出来るOSとの違いっていったい(-_-;)

まぁ、いいわ。

駅からが徒歩5分ほど。
お気に入りのマッサージ屋さんも近く、
食事にも買い物にもとっても便利なことこの上ないんだけど
なにしろ、オッサンの繁華街である
パッポン、タニヤエリアなのでまぁそれなりに。



c0096685_18102130.jpg


ロビーカウンター。
こちらでの第一印象は。。。
チェックインの仕切り悪いなぁ。
たった8人のツアー客なのに
キー受け取るまで20分近くかかったのでは?


c0096685_18113538.jpg

お部屋は清潔で広さも十分。
明るさも合格。
が、Wi-Fiが有料ってのがなぁ。
せめてロビーぐらいはフリーWi-Fiでお願いします。


c0096685_19494696.jpg

今どきカードキーじゃないって珍しい。
それはいいんだけど
ドアを閉めるたびにチェーンの先がドアに挟まって
手でいちいちチェーンをどかさないと閉まらない。
客の100%が苦労したと見え
チェーンが挟まる木枠の部分が深さ5ミリ以上えぐれてる。
(オレンジ部分ね)
何年分の歴史かしら。。。
写真撮らなかったのを後悔。

てか、ギャァァァ!!
イラスト中に誤字あり。
異状→異常の誤りです。
文字を書かなくなって、すっかりバカになってます。



c0096685_19503120.jpg

アタシとOSの部屋だけがテレビ砂嵐。
キムチとW姉さんのとこはちゃんと映ってたのに。



c0096685_19513298.jpg

アメニティにリンスがないのが残念。
でもって、これまたアタシたちの部屋だけだけど
トイレの水がメッチャしょぼい。
「小」のペーパーですら流れない。
よって、「大」はG階の共用を使いました。

バスタブは浅く
シャワーが固定式ってのも減点。

一番端の部屋だったのですが
その先の立入禁止の扉からブーンという
低周波のような音が一日中。
キープアウトのドアを開けてみたら
何やら分からん配管が。
音はそこからしてるようだった。



c0096685_19523748.jpg


HISのガイドさんは朝食が良いって太鼓判だったけど
2日間とも見事に同じ。
何一つ変わってない所に逆に感動したわ。
種類もこのクラスとしては少ない。
ジュースも2種類、しかも生じゃない。
オレンジはバヤリースのようでがっかり。


c0096685_19534872.jpg

外の眺め。
こう見ると普通なんだけど
手前、写ってない部分(写さなかった部分)が
空き地になっていていろんな資材が置いてあった。
しかもボウフラでも湧きそうな池状態のでっかい水たまりが。
兄さんが二人その水たまりに大きな石を投げ入れて遊んでた(-_-;)

てなわけで、総合的に判断して
リピはないなと思いました。
だからと言って不快だとかそんなんじゃないんですよ。
お国柄ってか、広い心で見ればユーモラスだし
ゲッてほどの不愉快な思いはしなかったし。
ドアマンさんはフレンドリーでおもしろかった。
格安のツアー代金にしてはいいと思ったけど
個人で、さてホテルは?
ってなった時は選ばないだろうな。

以上、スペシャルイラスト付きの備忘録でした。







[PR]
by noro2happy | 2015-01-29 20:24 | 旅行とプチ旅 | Comments(0)

c0096685_19564517.jpg
昨日、仕事を終え家に戻ると
べべ様が待ってらっしゃいました。
うぉ~~~、うれしかー。
『RISE』リリース日は今日ですが、
一日早くフライングゲット!

休日にゆっくり見よう!
そう思ったんだけどさ。
土日はおテソンのコンサート。
なんかね、テソン当日にべべ様で盛り上がるっちゅうのもね。
なので、即日。
(すなおに、早く見たかったといえ)

国際フォーラム、行きたくて行きたくたまらなかったけど
どうしても取れなかった恨み節の日。
とはいえ、よみがえるわ。
あの日々が。
各地の様子が少しずつ見れるところも嬉しい。


c0096685_19565577.jpg

これはどこだったっけ?
あったねー(・∀・)ニヤニヤ
見事に破けた 016.gif
上半身の裸体は惜しげも無くさらすくせに
さすが、こういうのは恥ずかしいのね。
ククッ。

いいんだよ照れなくたって
俺とお前の仲じゃないか
ってガン見しながらニヤついてるアタシは完璧オヤジでした。


メイキングではすっぴんのヨンベがかわいすぎて。
無精髭もワイルドすぎて。
結局なんでもいいのな。

ヌンコイプの件で彼女と別れた後
ノート2ページにも思いを綴ったって。。。
純情一直線のヨンベが大好き。
しかも、恋愛してた素振りこれまで一度として
感じさせなかったところ、大人だなぁ。
(おもいっきり誰かへの嫌味かい)

しかし、改めて見ても
良いコンサートだったなぁ。


BIGBANGすごすぎる。
各々の才能が。
そしてまた週末には別の才能にどっぷり浸れるのね。
楽しみすぎる。
(すぎるが多すぎる)

そりゃそうと
ジヨンがおフランスで語った
4月からワールドツアーかもかもってマジだすか?
びっくりするタイミングってのは
ヨンベのRISEツアーが終了(3月だっけ?)してすぐってことだったの?
泥棒みたいに来るってのは
すぐさま諭吉が飛んでくってことだったの?

まだ確定でもなんでもないけど
いや、嬉しいけど
チョット待って、チョット待ってお兄さん!
夏ぐらいでいいんですけど。。。
こちらにもいろいろと都合ってもんがありまして。。。



[PR]
by noro2happy | 2015-01-28 20:09 | 音楽 | Comments(0)

c0096685_20423644.jpg

バンコク備忘録の途中ですが読書感想文。
こちらもボツボツ記録しておかないと忘れそうなので。

もう、何度も何度も言ってますが
安定の原田さん。
これもよかったな~。


東京・神楽坂の老舗料亭「吟遊」で
修行をしていた紫紋は、
料亭で起こった偽装事件を機に
すべてを失った。
料理人としての夢、大切な仲間。
そして、後輩・悠太の自殺。
逃げ出した紫紋は、
人生の終わりの地を求めて彷徨い、
尽果というバス停に降り立った・・・・・・。
過去に傷がある優しい人々、
心が喜ぶ料理に癒され、
紫紋はどん底から生き直す勇気を得る。
(文庫本カバー裏より)



紫紋(しもん・注:メンズです)は尽果(つきはて)で
「まぐだら屋」という定食屋を手伝うことになります。
切り盛りしているのはマリア。
明るくて、誰からも好かれているマリアに紫紋も惹かれていきますが、
店の女将である老婆は何故かマリアを悪魔と呼ぶ。
二人の関係が本書では一番謎めいています。

マリアとともに、このまま穏やかに日々が流れていけばいい、
そう思っていた紫紋でしたが
やがて尽果にやって来た一人の男とともに、
マリアが村から姿を消します。
そこで、初めて紫紋はマリアの過去を知ることになります。
そして女将が彼女を憎み、拒絶する理由も。

マリアが去った後も紫紋はまぐだら屋で料理を作り続けます。
来る者は拒まず、去る者は追わず。
尽果で縁を結んだそれぞれの人は一体どうなるんだろう。。。

結末をどのように収拾するのか気になったけど
すべてが爽やかに納まるべき所に納まった。
ラスト数ページの母からのメールと留守電の海。
同じ母として涙がこぼれたわ。

生きることが罪を償うこと。
そう言うと重苦しいのだけれど
真摯に自分自身と向き合うことの大切さを感じた。
とにかく悪人が出てこないので安心して読めます。

それと、澪つくしシリーズ同様
どのお料理も特別な食材を使ったわけではないけど
美味しそうで食べたくなる。
それと同じくらい季節の移ろいの描写が秀逸で
実際にこんなところがあったら
一人旅してみたいかも。。。
かも、よ。
寂しくてアタシには無理だな。

それにしても、この間の「奇跡の人」もそうだったけど
マリアはともかく与羽(ヨハネ)や丸弧(マルコ)って。。。
まぐだら屋の由来には座布団10枚だけど。

あと、悪人が出てこないと書きましたが
「吟遊」の晴香って娘だけがキライ。
立ち位置が不明だし、結局全てはこの子から始まった?



[PR]
by noro2happy | 2015-01-27 20:59 | book | Comments(0)

備忘録といえば数字関連です。
数字に弱いくせに、メモをしとかないので
すぐ忘れちゃう。

先ずは旅費。
こないだチラッと書きましたが
H.I.Sの「初夢フェア」で予約。
『成田発着直行便利用バンコク4日間
デラックスクラスホテルに滞在』
(どこかのツアータイトル並みに長っ!)
39,800円

が、もちろんこれで終わりってわきゃないな。
日本国内空港使用料2610円
現地税2680円
追加空港税1500円が加わって
トータル46,590円也。
わかったような、わからないような。


そして大事なタイバーツのレートは
1バーツ=3.78円
去年の7月に行った時は3.43円だったのに。
さらに何年か前には2.7円ぐらいだった記憶がある。
1円も違うってのは大きい。

今後は1バーツ4円時代に突入しちゃったりして(>_<)
せっかく燃油代が安くなったのに・・・
この円安、なんとかならんかい、安倍ちゃん~!


よって、チープなお買い物には目がありません。
というか、いかにチープでお役に立つものを探せるかが楽しい。

c0096685_17253266.jpg

柄物ばかりでうっとーしーですが
パンツ150B
ロングタンクトップ150B
店員さんがどうしてもシルクと言いはるスカーフ100B。
すべてMBKで調達。
合わせて1500円ほどwww
(円安語る資格なしだな^^;)


c0096685_17332249.jpg

エアはエアアジアX。
Xって何よ。
JDT"X"と関係あるか?
(ないよ)
エアアジアの関連会社で
低コストの長距離路線に特化するために設立されたらしい。

エアアジアといえば。。。
年末にねぇ、事故がねぇ。
そういうの気にしちゃう人、居るかもですが
また旅会メンバーにそんなヤワな人はおりません。
(繊細さに欠けるともいう)



c0096685_17343127.jpg

成田空港第2ターミナルNカウンターでチェックイン。
といってもカウンターはこのドアの向こうにあって
チョットわかりにくかった。

出発ゲートは96となっていて、係の人には
「かなり歩くので早めに」と言われました。
こういう注意喚起も珍しいと思ったけど
出国カウンターから徒歩14分と書いてある。
14分って・・・たしかにかなり遠い。
地下鉄都営線ならたっぷりひと駅分だぞ。

が、実際はそこまでは歩かなかったけど
下へ下へとおりて、ドンドン寂しくなる。


機体はエアバスというやつで
1列が3-3-3の9人。
通常は2-4-2の8人?ですよね。
狭い座席を想像していたのですが
それは特に変わらなかった。
その分違っていたのは通路の狭さ。
アームレストに肘を置くと
通路を歩くほとんどの人とぶつかる。
当然、機内食のカートは通常の半分くらいの幅。

LCCのお約束で機内食やブランケットは有料。
手荷物も、預け入れ荷物も有料ですが
H.I.Sのこのツアーにはすべてが含まれてました。

それ聞いてなかったので、実は軽食と飲み物を持込み。
「持ち込みのご飲食はお断り致します」との
機内アナウンスがあったけど
普通にオニギリ食べてました。
CAさんも黙認で、そのあたりはアジアらしいゆるさなのかしら。

冬から夏への移動なので着ていたダウンコートが
毛布がわりにちょうどよかったけど
逆に夏場なら薄手の毛布を持参したほうがいいかも。
(あくまでもお金を払いたくないケチケチ派)


c0096685_17435593.jpg

照り焼きチキン弁当???
因みに往復とも全く同じでした。
チキンはともかく、コメ不味し。

これだったら機内食なしにして
ツアー代金をもう少々お安くしてもらったほうがいいなぁ。
(とことんケチなのな)

ゆるいといえばアタシが座ったシートには
機内食のメニューが入ってなかった。
その代わりと言っちゃあナンだけど
全く同じ免税品のカタログが2冊(-_-;)
まぁ、いいんだけどね。
整備と操縦さえしっかりやってくれれば。



結果、LCCだからと言って特別不便さを感じることはありませんでした。
ただ、モニターがないからね、きっちり暇つぶしグッズは必要です。




[PR]
by noro2happy | 2015-01-26 17:58 | 旅行とプチ旅 | Comments(0)

c0096685_22403059.jpg

雲上の日の出
(わかりにくいが)


ただいま~♪

弾丸ツアーより無事戻ってまいりました。
成田に到着時の気温、マイナス1℃。
なんとバンコクと30℃もの温度差。

厳しい寒さとともに
厳しい現実に戻らねばね(´Д`)ハァ…
ということで、帰るなり洗濯機回しました。

c0096685_22430258.jpg
ワットポーで買った素焼きの香炉に
レモングラスのアロマキャンドルを焚いて
しばしバンコクろうかと思ったら
オイッ!
レモングラスの匂いなんて全くしないぞ。
ただのロウソクじゃないか!
まぁ、こういうこともあるわね。


***


さて、これからしばらくは順不同で
備忘録としてのバンコク話あれこれを。



今回はキムチが初バンコク。
そのリクエストで、唯一の観光はワットポー。

c0096685_23341982.jpg

アタシも全くの個人で来たのは初めて。
チケットは100バーツ。
半券でお水をもらうことが出来ます。

時間が早めだったので
今までで一番人が少なく
フォトポイントでも誰にもジャマされずに写真が撮れました。

しかし、いつ見てもデカイなぁー。
圧倒される。
それにお顔もきれい。

c0096685_22433400.jpg

「奈良の大仏とどっちがデカイ?」とキムチ。
はぁ。
そういや、どっちだろう。
で、調べてみたら
大仏さんは台座別に座高だけで15メートル。
で、こちらの涅槃仏様は
全長49メートル全高15メートルだそうです。

大仏様の膝枕でちょうどイイんでない?
まさにビッグカップル!
なんて不謹慎なことを思ったりもしたけど
とんでもない。
涅槃仏様の方が大きかったわ。

c0096685_20382280.jpg

アートな足の裏。



c0096685_22444977.jpg

この並んでる鉢は煩悩を捨てる鉢。



c0096685_22454576.jpg

煩悩の塊のアタシもやりました。
20バーツ分を小銭に両替して端から順番にちゃり~ん。
1個ずつ鉢に入れながらお願いごと。
へっ?
煩悩捨てるはずがお願いごとってのもヘンだね。



c0096685_23140095.jpg
c0096685_23150165.jpg
本堂の周りには幾つもの仏塔が。
ガイドさんがいないのでそれななんだかよく分からない。


c0096685_23143049.jpg
お供えの蓮の花。
葉っぱはすべて器用にたたまれてました。



c0096685_2038514.jpg

ワットポーはタイ古式マッサージの大本山。
敷地内にはマッサージスクールがあり
誰でもマッサージを受けることが出来ます。



c0096685_22471530.jpg

フットマッサージを30分ほど。
280バーツ、1000円ちょい。
チト割高でしたがきもちかった~♪





[PR]
by noro2happy | 2015-01-25 23:48 | 旅行とプチ旅 | Comments(0)

Tokyo>>>>>Bangkok

c0096685_8234530.jpg

おはようございます!

ただいまフレッシュアップ休暇中でして。
これからバンコクへ飛びます。

例によってまた旅会。
今年の初旅。
HIS初夢フェアによる格安弾丸ツアー
4日間でサンキュッパ。
お初のLCC。
しかもエアアジア(^_^;)

年末、こんなんあるねーってLINEしたら、5分で決まった。
恐るべしだわ、また旅会。

正味2日半の滞在だけど
寒い東京を脱出出来るだけで幸せです。
そんなわけで、しばし電波の届きにくい場所におります。

では、行ってきまーす!
[PR]
by noro2happy | 2015-01-21 22:07

c0096685_17503659.jpg

すっぴん、白マスク。
素晴らしくブルーなブルゾン?
別の方だったら突っ込むところだが
ジヨンなのでナンも言わない。

早く帰ってよ、って言ったからではなかろうが
ない!
昨日の最終便でお帰りになられたようで。

自分でお荷物ガラガラ・・・ムム
あ、やはり
キンポにはマネさんがお迎えか。

つまりは、プライベートタイムを
お過ごしになられてってことか。
まっ、いいけどよー。
ご機嫌でいてくれればねっ!
(何故か語尾が強くなる)

これ動画  ←ブルーだからブルーか
(なんだかんだいってもかわいいぞーーー
しかしいつも思うけど、
よくあんな至近距離でスマホ出せるよねー(-_-;)



それでは昨日の続きです。

楽しかったタッカンマリ屋さんを後にして
お泊り3人は一路お宿を目指し、JR環状線福島へ。
お宿は駅から徒歩5分ほどのところにある
ゲストハウス『由苑』(こちら)です。

何がいいって先ず
HP上での道案内が非常にわかりやすくてイイ。
これを見れば、アタシのようなどんな方向音痴であろうと
確実に迷わずイケますって見本みたいな誘導文書。




c0096685_17511033.jpg

で、到着しました。
入口には目印の舞妓は~~~ん顔出しwww
海外からのバックパッカー向け?




c0096685_18130833.jpg

元料亭の古民家を改修したというだけあって
昔懐かしい和風の作りで落ち着けます。
4人部屋に3人だったので広々。
お隣の部屋はドミトリータイプで
お一人様用に蚕棚タイプのベッドが並んでました。



c0096685_18280607.jpg
お部屋についてからひと仕事。
明日のためにこんなこともしておかなくちゃね。
ボードの補修に余念がありません(^_^;)




c0096685_18131966.jpg


洗面所(3ヶ所)とシャワールーム(3ヶ所)は共有。
洗面台のタイルが可愛いの。
シャワールームには一応富士山の絵(*^^)v
もちろんトイレも共同です。

いつどんなオファーがあってもいいようにしっかり磨き上げて
(そう、いつおテソンに頭皮の匂いをかがれるか分からん)
ようやく就寝zzz
何十年ぶりの修学旅行みたいで楽しかった~♪


からの
アサー 058.gif 058.gif 058.gif

c0096685_18125795.jpg

ラウンジにはキッチンがあって簡単なお料理も出来ます。
バリスタ付きで、美味しいコーヒーも自由に飲めます。
一人旅の方から牛乳を分けてもらっちゃった。
前日に買ったパンを軽く食べながら
海外の方たちともチョット交流。


チェックアウトの際、ご主人が
「これから観光ですか?」と聞いてきたので
「コンサートです!」
すると「BIGBANGですか?」と言うので
「なんで分かります?」
「(アタシが着ていたツアパーカーの)派手さが」
wwwワロタ。


さて、梅田で再びキミドンさんと待ち合わせ。
三越伊勢丹の「モクモク」(こちら)で早めのランチ。
開店の11時を待ってもっのすごい人・人ひとぴっちゃん。
キミドンさんが整理券№1をゲットしといてくれたおかげで
窓際の良い席に陣取れました。



c0096685_19212900.jpg

もちろんこれだけじゃ終わりませんけど。
野菜メインで絶対自分じゃ作れないものも多くて
どれも食べてみたかったよー。
パンを食べてきたのを後悔。


c0096685_19325567.jpg


これは酵素ご飯って書いてあった。
噛みしめれば噛みしめるほど甘みが増して
ほんとうに美味しかった。
特にお酒の翌日には、身体に優しい感じで
労ってるぞーって自己満足も味わえます(^_^;)



c0096685_19354271.jpg

ウィンドウ越しの大阪駅。
時空(とき)の広場というそうです。


食事の後、その広場に降りてみました。

c0096685_19592524.jpg

待ち合わせの目印金の時計?
右フォトは上から見えた青色のところ。
スマホと連動させてイルミネーションが見れるらしいけど。



c0096685_20564424.jpg

スカイビルも見えました。
側面のガラスに写り込んだビルの姿が
あまりにも完璧でまるで絵のようです!
絵だったりして!?


そしていよいよ京セラドーム。

c0096685_20070625.jpg

ここで、東京から当日入りのNモちゃんと合流。
伊丹からの京セラだったけど
どこにいてもビッペンわかりやすくって
後付いて行けば大丈夫だと思ったって。笑

ホーント、アタシもそれだけは助かるわ。




そんなNモちゃん、初VIPシートで都市伝説立証。
正面の最前列をゲットしやがったぜ。
すごい、すごい、神降臨。



c0096685_20351196.jpg

で、帰りの新幹線では
551の肉ちまきとビール。
ずーーーーっおしゃべりしてた。

今回もほんとうに楽しい遠征だったなー。

お付き合いしてくださった方々
本当にありがとうございましたm(_ _)m
皆のお陰で、ビッベンのお陰で最高に幸せだった。
また会おうねーーー!
ビッペン&ビッベン!!
チェゴ!!!





[PR]
by noro2happy | 2015-01-21 20:59 | 旅行とプチ旅 | Comments(0)

c0096685_18371489.jpg

今改めて、いい写真だなぁ。
後姿の完全体。
(と言いつつ、タプスン以外は誰なのか自信がない)
しばしのお別れ。。。
そう思って見るから哀愁ただよいまくり。

おーろろん、おーろろん。゚(゚´Д`゚)゚。




c0096685_18424997.jpg

スンリ無防備すぎる帰国写真。

ねぇ、耳気持ち悪くない?
ねぇ、マスク目頭まできて視界悪くない?
ねぇ、襟は出すかしまうかどっちかにしたほうが良くない?

以前ならどっからでも突っ込んでたとこだけど
(イヤ、十分突っ込んでるか)
今はよしよししてあげたいスンちゃん。
あなたが育てたクマムシは
立派に成長してますわ。
(なんの報告だ?)

そんで、まだ日本に残ってるのは
テソンとジヨン?

ねー、ジヨン帰った?
帰ったの?
帰ってよ!


c0096685_18550656.jpg
うるせぇよ

(↑毎度のことながらただ顔が好きだから使いたいだけ)


まぁ今だにそんなことをウダウダ思い
心に風穴(ひゅ~るり~ひゅるりらら~)


そんな気持ちになるとはつゆ知らず
(ホントは知ってたけど)
楽しい時間を待っているお預けタイム
ウキウキ、そわそわ、wakuwakuの
別な意味で一番楽しかった時間を
今夜は切り取りましょう。
(ナニ風なんだか)


それは?
オーラス前夜祭
ビッペンと過ごした一夜。

全然関係ないけどビッベンとビッペン
フォントだけ見てると区別つかないねぇ。

一夜を過ごしたのはBIGBANGペンのほうです。
へ、言わんでも分かる?
まーな。

メンバーは前乗り組3人と地元のきみどんさんとの4人。

予約してたタッカンマリ屋さんにはまだ時間が早かったので
心斎橋付近をブラブラ徘徊。


c0096685_19031765.jpg

御堂筋のイルミ、初めて見た。


c0096685_19035992.jpg

ひー、これ見ただけでテンション上がる。
さっすが御堂筋やぁ!
(意味わからんけど)



c0096685_19051132.jpg

LEDに変わったと聞いたグリコ看板。
なのに青年、何故光ってない?
それでも一応カメラに収める。



30分ほどブラつきお腹の準備も万端。
ようやく心斎橋のタッカンマリ屋さん「鶏一匹屋」へ。
すごいネーミングだ。
まんまだわ。
鶏なら一羽と数えたいところだけど。
(細かい)


c0096685_19090086.jpg

一羽解体後。
まるで洗面器に浮かぶ。。。ですが
このあとトックに野菜にきのこ(結構量が多い)
コラーゲンボールを投入して完了。
〆はカルグクス。
コースで注文したらトッピングも多くて
選べる一品料理も2種類。
チーズチヂミとチャプチェをチョイス。

いつも行く新大久保のお店よりコスパ良しだった。

しかし、うれしいねぇ。
誰に気兼ねすることなく
バカみたいにビッベンのことだけを喋れる。

おまけに、店内の映像は途中からずっとBIGBANG。
「あいあむあぐっぼい」
ご唱和、ご唱和。
「ばきゅーん、ばきゅーん、ばきゅーん」
ご唱和、ご唱和。

「あいらびゅー べいびー あいむなったもんすたー」
切ない詩がたまらん。
もっとライブで歌えー
とか
空気まったく読む必要ない果てしない会話は
嬉し~、楽し~ぃ、大好ぅ~きぃの
byドリカム状態。

しかし、
福岡Nikoちゃんが言い出した
ヨンベの彼女はホーミーっていう
とてつもない仮説。
あれはなんだったっけなー。


つづく
(えっ、続くんだ)






[PR]
by noro2happy | 2015-01-20 20:04 | 旅行とプチ旅 | Comments(4)