「北斗-ある殺人者の回心」石田衣良(#1535)

c0096685_21384342.jpg
旅のお供として持っていきました。
そこそこ分厚い文庫だし
まぁ、この一冊あれば大丈夫かな、なんて思ってたのですが
読み始めたらとまらない。
先が気になってどんどん進み、早めの読了。
結果、途中で読むものがなくなるという、大誤算。

なんで余分に持ってこなかったんだ、と後悔していたところ
キミドンさんのブログに、電子書籍で「火花」を購入したと。
おっ、その手があったんだわと
早速ワタシも買おうとしたのが旅行の最終日。

そういう時に限ってホテルのWi-Fi状態がすこぶる悪し。
ちっともネットにつながらず、結局諦めました。

因みに、先ほど図書館の予約サイトに行ったら、
「火花」1,388人待ちって、まさかの4桁。
届く前に文庫になるんじゃないかと思ってやめといた。



と、感想文タイトルとは関係のない前書きが長くなりましたが
改めて「北斗」良かったです。
骨太で、心にしみる作品でした。
それほど読んでるわけではないですが
石田衣良さんのイメージ、変わりました。



幼少時から両親に激しい暴力を受けて育った端爪北斗。
誰にも愛されず、誰も愛せない彼は、
父が病死した高校一年生の時、母に暴力を振るってしまう。
児童福祉司の勧めで里親の近藤綾子と暮らし始め、
北斗は初めて心身ともに安定した日々を過ごし、
大学入学を果たすものの、
綾子が末期癌であることが判明、
綾子の里子の一人である明日実とともに懸命な看病を続ける。
治癒への望みを託し、癌の治療に効くという高額な飲料水を購入していたが、
医学的根拠のない詐欺であったことがわかり、
綾子は失意のうちに亡くなる。
飲料水の開発者への復讐を決意しそのオフィスへ向かった北斗は、
開発者ではなく女性スタッフ二人を殺めてしまう。
逮捕され極刑を望む北斗に、
明日実は生きてほしいと涙ながらに訴えるが、
北斗の心は冷え切ったままだった。
事件から一年、ついに裁判が改定するー。
(「BOOK」データベースより)




BOOKデータ的には珍しく(えっ?)
このまんまです。
虐待モノ(ってジャンルあるのか?)読んでいて辛いです。
特に前半は結構長く続くし、リアルだし。

実の両親より、自動販売機の温かさが身にしみるってとこに愕然。
この、自販機は今後の北斗の運命を決める重要アイテムでもあります。

とにかく心象描写が秀逸です。
特に後半の裁判に向けての北斗の心。
もう、いい。
そこまで思わなくてもいい、って
思いっきり北斗に肩入れして読んでしまった。

ここで裁判の結果は書きませんが
いい終わり方だったと思います。

読んでいて楽しい本ではないけれど
おすすめの一冊です。







[PR]
Commented by kiraln at 2015-07-22 13:12
たくさん持って行った時はあまりページもめくらず(-"-)
逆に一冊しかないときに限って読書スイッチが入る。。。
読書あるあるですね。
火花。。。
「我が書棚はどうだろ」と思い検索。
予約待ち 15人(爆)しかも本は二冊蔵書。
「田舎住まいで良かった」と思う数少ない瞬間です。

北斗も予約しました。
読了後に再度 お邪魔します(^'^)
Commented by noro2happy at 2015-07-22 20:28
★キラリンさま
15人て・・・wwwワロタ(ゴメン)
下町の人は読書家なのかしら。
他区と比較しても待ち人多しなのよ。
蔵書19冊で回してるようですが、4桁ってのは私も初めて。
芸人さんの快挙ってことでインパクト大ですもんね。

「北斗」虐待シーンで挫折しないことを祈ります。
感想お待ちしてますね~♪
Commented by kiraln at 2015-08-03 11:31
読了です。
とにかく前半が辛すぎました(;_:)
時折挟まれる筆者のプチ未来予告がこれまたキツイ。
”暗澹気持ち”を実感しながらページを捲りましたよ。

後半の心理描写が卓越していますね。
副題の『殺人者の回心』で”回”の字を用いるところがニクイです(*^_^*)
「加害者は泣いてはいけない。涙は被害者家族の者」
北斗の心がコロコロと周り
殻が剥がれ、自己主張をするに至るまでの展開が
切なすぎてワタシも守る会の一員となり本を読みました。

最後は良い余韻を残しますね。
北斗の未来が小春日和のような平々凡々だけど
(自販機よりは)温かいことを祈りたくなります。

noriさんのお勧めが無ければ途中で挫折しておりました。
読み応え満載の本の紹介ありがとうございましたヽ(^。^)ノ
Commented by noro2happy at 2015-08-03 20:21
★ kiralnさま
お疲れさまでした(^_^;)v

やっぱり北斗に肩入れしちゃいますよね。
石田衣良さんてもっとチャラめの(すみません)小説ばかり呼んでいたので
この重厚さは意外でした。
それに引き替え先ほどアップした有川さんの天使小説。
疲れた心を癒してくれるかもしれません。
と言いつつ、私の好みは「北斗」のほうなんですけど。

私こそキラリンさんからはたくさんの本情報いただいております。
これからもよろしくです。

と、関係ないけどナンなんだ、アノ最終回は。
タルタルの死に様だって気になるだろ!
Commented by kiraln at 2015-08-04 16:55
そうなんですよ。
奇皇后の終わり方は唐突すぎましたね。
これまた視聴者置き去りの巻です。
ワンユの死について一言も(カットされたのか)触れられていないのも何ともワンユが不憫です。
皇太后さまも最後の最後に成敗するほどの悪玉キャラじゃなかったしね。
というよりも
元の皆さん(笑)がスンニャンを毛嫌いする気持ちが判らないでもない。
だって王室ですもん(由緒正しいチンギスハンでしたっけ?(笑)
属国の女が皇后になり、ドヤ顔で宮中を取り仕切るのもいかがなものかと思っちゃいますよ。
「陛下はコリョの女に骨抜きにされた」
立場が違えばそう見えるでしょうね(-"-)

最後は強引にまとめてしまいましたね。
結局 何を描きたかったんだろう…。
Commented by noro2happy at 2015-08-04 20:52
★kiralnさま
日本版はカットされているという話も聞きましたが・・・
それでもあの強引さはいかがなもんか。
ヨム・ビョンスの出番は最後まで作ってあったのに(といっても不死身のような彼があんなふうに死んでしまうとは)
何にしても初の高麗出身の皇后という以外は謎の多い人のようなので
いろいろな創作ができるのでしょうね。
総集編でタルタルの例のシーンを見ることにします。
名前
URL
削除用パスワード
by noro2happy | 2015-07-21 20:27 | book | Comments(6)