2日目JDT“X”@東京ドーム

c0096685_12104349.jpg

2日目感想です。

席はセンターよりずっと右横1塁側。
しかもいずれの花道からも離れ
かつ、鉄塔が邪魔なスタンド席でしたが
それでも

いやー、これまた面白くて腹よじりました~。
って、コンサートなのに
いきなりの感想がこれってどーよー。
でもしゃあない。
いいなぁ、笑いをとれるアジアのモンスターグループ(^^;)

客席入りは昨日と打って変わり
2階席一番後ろまでびっしり満杯。
これでなくちゃね。

VI>今日はDVD用の撮影があります。
カメラ50台が入ってます。(←50台?5台じゃなく?)
皆さんも映るかもしれません。
撮られてるなって思ったら、最高の笑顔をお願いします。

やはりメンバーの気合いも違う気がした。
ジヨンもテンション高い!

そう書くと、そんなことで区別?って
思うかもしれないけど
それは新たな商品を生みだすわけだから
別なモチベーションがあって当然。
スンリも何かというと、DVDを見る人がいるからって言ってた。
それがプロだと思うし、当たり前だよね。
お陰でハプニングはあったものの
とても良くまとまってたと思います。(←上目線)


先ずは、恒例のインタビューレポから。
他会場のことはよくわかりませんが
ワタシが見た中では昨日のインタビューコーナーが
一番充実していた気がする。

よって、予めお断りしときますが、
このコーナー再現だけで超長くなりますから。

声量合戦だけど、スタンドで聞くとまたすごい迫力ね。
ペンの歓声が。
必至さが伝わってきて、別の意味で感動した。

結局じゃんけん一発勝ちのヨンベさんによりEチームが
インタビュー権確保です。
因みに、アタシのチームなんだけど
ちぇ、昨日だったらなーと密かに舌打ち。


DL>あそこにねぇ、外国の方がいらっしゃるんですよ。
(↑ あなたも十分外国の方なんだけどwww)
どこの国の人ですか?
あ~、フランス。。。(からきた水っていうのかと思った。爆)

VI>日本語大丈夫ですか?

OKとの返事に

SOL>ぼんじゅ~る。

VI>日本語大丈夫なんですよね。
てか、韓国人のオレがフランス人に日本語大丈夫かって聞くの
おかしいやろwww(自分で大爆笑)

SOL>あなただって外国人でしょっ!

ここでBBメンバーの中では誰が一番かという恒例の質問。

ペン>ん。。。全部。誰とはいえない。

それでも尚もしつこく聞く。

ペン>TAEYANG(←思わずこう書きたくなるような発音で)

ヨンベ、超得意顔で腕を組む。

DL>ソルさんのどんなところが好きですか?

ペン>ダンス。

DL>どんなダンスが好きですか?
いろいろありますよね。
かっこいいダンス?
激しいダンス?
セクシーなダンス?
どんなダンス見たいですか?

かっこいいダンスをご希望ということで
会場のトン・ヨンベコールでダンスタイム。
バンドからビート流してもらってキレキレに踊る。
きっちり最後はバック宙も成功させ
「じゅて~~~む」(←おもいっきり日本語ぽかった)

それを見たテソン
DL>これくらいならボクも出来ますよっ!

会場カン・デソンコール。
テソン嘘つきません。
まさかのアクロバティックなダンス披露でかっこい~~~。

DL>じゃ、VIも。

会場からはイ・スンヒョンコールが。
スンリ拒否りながらもしかたなく。
まぁ、スンリらしくそれなりにね。
しかし、イ・スンヒョンコールは初めて聞いたかも。

会場のみんなもお得なものを見せてもらって大満足。
こういうお願いは大歓迎だね。
でも、まだまだ続いたよ。

次は黒い帽子をかぶった女性に。
一番好きなのは「SOLさん」
今日はヨンベがモテモテ。

何をして欲しいか聞くと歌ってほしいと。

SOL>なにがいいですか?

ペン「。。。。。」

この間が耐えられないテソンがいちいち
「ん、~~~あっ~~~あ~~~」と
溜息とも言えない声を出してるのがメチャおかしい。

VI>ソルさんの歌、分かってないでしょ。

DL>緊張してるんですよ。(←ナイスフォロー)

ようやく「目鼻口」と。

SOL>韓国語でいいですか?

もちろんもちろん、そっちのほうがいいよ。
と勝手にやり取りに参加したくなる、アタシ。

アカペラのミアネミアネハジマ~♪
久しぶりで聞くナマのヌンコイプが嬉しすぎました。

で、その感動終了後、隣の男性二人組が気になったスンリ。
ショウさんとショウ◯◯?さん。

DL>今、ボーっとしてたでしょ。
歌、聞いてました?ボーっとしてましたよ。

VI>なんか歌えますか?歌ってみて。

そりゃ無茶ぶりだろうと思ったけど
先にショウ◯◯さんが
ミアネミアネハジマ~♪のワンフレーズをかっこ良く。

VI>隣の人も歌える?

今度はショウさんにも無茶ぶり。
ショウさん、最初は首振ってたのに
バラードでもいいですか?と。
そしておもむろにサングラスかけるからみんな大爆笑。
で、歌ったのが1AMの日本語Ver.サビ部分。

グッジョブ!でしたねー。
こういう、お願い逆バージョンもきっちり納まると
非常に面白い。

まだお笑いは続きます。
スンリがまたもや発見したのは

VI>なんか、あそこに変わった格好の人がいるんですけど。
それ、なんですか?
ナニ着てるんですか?

カメラが寄ったのはなんとD君パジャマ。
テソン困惑。

DL>あー(照れて)、ビッグバンのコンサートにそれ。。。着てくる。。。
D君っていう、ボクが書いたキャラクターなんです。
ボクも時々着て寝てますよ。(← やさしいウソ)

ペンちゃん、狙い大当たりだったね。


ま、こんな感じのインタビューコーナーでした。
すっごい長くなっちゃってソーリー。
ワタシとしてはハグしてとか、好きって言ってッて言うより
みんなも一緒に楽しめるお願いでうれしかった。
でも、突然自分が指名されたらテンパるよね。
その時のために常に頭に描いてる(妄想ともいう)んだけど
そんな機会は訪れましぇんの(T_T)


続いてはDJスンリのハプニング。

タプさんのドゥムダダ「ヘンジーン」の掛け声の直前で
いきなり♪永遠なんてもの~
へっ?ピタカゲ???
でストップ。
一瞬全員固まる。

VI>ごめん、オレ盛り上がりすぎてストップ押しちゃった。
ヤバイ、待って待って。

このあともごめんを何度も繰り返すスンちゃん。
しかし、仲間はキツイ。

DL>ちょうど良かったところなのに。
SOL>やっぱりブイアイは雰囲気悪く作るの一番です。
親指を下にむけてみんなにブーイングを促す。

VI>もう一回行こう。

会場大喜び。

が、最初から行こうという割りに操作に手間取り
スタッフさんまで登場。

VI>バレてんじゃないかよ、オレがDJしてるんじゃないのバレてる。

DL>時間が大切なのにっ

タプさん跪いて床ドンドン叩いて怒る。
ジヨン、足投げ出して座り込む。
会場、ブーーー。

VI>チョットマジウケるんだけど。
オレ、ストップ押しちゃったんだよ。

さっきから10回以上おんなじ言葉ばかり。
テンパってるのがミエミエで愛おしいスンリ。

でも、
DL>こっちは全然ウケないよ。(←あくまでも厳しい)
さぁ、最初からいきましょ。
しょうがない。(←ビデオ撮影があるから)
許してくれますか?

で、ドゥムダダからかと思ったら
「最高の音聞かせてやるぜ!」
と、マジ最初からのやり直しで笑った。

DVDは撮り直しを使うのかな。
どんなふうに編集されるのか楽しみ。
でも失敗作もオマケのドキュメント編とかで絶対使うよね。
美味しすぎたもん。

1日目はDJ最後のクレヨンも聞けたけど
昨日はなし。
もともとその予定だったのか、
スンリのポカのせいなのかは不明。(-_-;)

撮影のお陰で?
タプさんも最後の挨拶2回NGで撮り直し。
他にも誰かいたみたいだけど忘れました。

あと、スンちゃんは久々にあったかいんだから~の歌。
歌おうとしたときにスタッフさんが何か言って。
VI>あ、DVDにはならない?
じゃ、ここだけ、現場だけの特典てことで。

著作権の問題かしらね。
アタシは再びジヨンのカメラ目線「アッタカインダカラ」を聞けて
悶絶しました。


それと、昨日から始まった覚悟の顔=変顔は
昨日のほうがずっと出来が良かったけど
タプさんに限っては豚鼻が大層お気に入りで
何度も何度も見せられました。
アンコール後の最後に黒幕の向こうへ消える瞬間も豚鼻。


c0096685_12022234.jpg
昨日の変顔写真がマイへ前の時だったかな
ビジョンに映し出され、メンバーも大笑い。
ジヨン桑田さんに似てる。

「ラブソング」については完璧な動画が上がってます。

グダグダ書くより一目瞭然。
笑ってください。
ワタシ的には腰、腰、腰。
男は? 腰! の図がたまりません。





とにかく昨日のライブがどんなふうに編集されるのが楽しみです。

さぁ、今日は東京最終日。
ぼつぼつ腰にダメージが来はじめましたが
あと1日頑張るぞー!!!
いや、楽しむぞー!!!



[PR]
Commented by Asianalai at 2014-12-27 13:15 x
外国人の方は私です。レポート有難う。
このコンサートは本当に素晴らしかったです^^
Commented by noro2happy at 2014-12-27 13:16
★Asianalaiさま
ウワ~♪まさかのご本人コメントありがとうございました。
あなたのお陰で素敵なダンスを見ることができました。
素敵なリクエストをありがとうございました(*^^)v
名前
URL
削除用パスワード
by noro2happy | 2014-12-27 12:29 | 音楽 | Comments(2)