前編140818ベベコン@横浜行ってきたよんべ♡

さて昨夜はブルブルガクガクしすぎて
帰りの電車の中では

「ジヨンをフルわ。
今日から真っ当なべべペンになる」
なんて相手構わずLINE入れて
なんとも深夜にお騒がせなやつで申し訳ございませんでした。

で、一夜明けてみれば・・・
ちょっとは興奮も収まり
何もフルこたぁないわね。
揺るぎのない二股愛極めたいと思います。
でも、今はべべ寄りだけど。

なんてまたくだらない前置きで始まりました。


c0096685_18305182.jpg
ステキ、ステキ、暮れなずむ横浜へやって来ました~♪

SOL JAPAN TOUR "RISE" 2014
@パシフィコ横浜2日目

そこそこレポです。

そこそこでもネタバレはありあり予定。
これから参戦する方は見ないほうが楽しめる!
と思いますのでスルーしてくださいね。

最高のコンサートが待ってますよ。
で、参戦後改めて読んでくだされば嬉しい限りでごじゃいます。

c0096685_19252500.jpg
↓ そんではこっからスタート




ステージはこんな感じ。
って相変わらずぼーっとした写真で申し訳ない。
わかりにくいけど
左右が三日月状になったスロープで
センターは5段くらいの階段。
シンプルなセットだけど好きだわ。

定刻の7時を12分過ぎたところで暗転。
(今回きっちり時計見ちゃった)

ツアータイトルが書かれてるバックスクリーンには燃え盛る太陽。
バンドが「INTRO"RISE"」を演奏する中
月が徐々に太陽を隠していって
最後は周りのコロナだけがメラメラと燃え、日食のような感じ

その黒い太陽の中心が開くと

きゃーーーー!!!

「太陽」 こと リアル TAEYANG

きた~~~~!!


もう、この登場の仕方からしてカッコイイ。
キャーというより、うぉー!!という
男らしい叫びが思わずアタシの口から出たね。

コロナのオーラまとって
ちっちゃいお兄さんが
でっかく見えた!!
え~~~ん、がっごいいよ~~~ん、べ♡
ふ、ふるえた。



オープニングは「BODY」で始まりました。

あっちでもこっちでも半裸半裸と話題になってる通り
衣装はダメージジーンズwithお腰のスカーフ?のみ。
キャップもハットもなし。
イケヘアが見れるのもこの時だけです。

SUPERSTAR
MOVE

いきなりのノリノリ曲三点盛り。
キレキレダンスとともに歌いあげる。
負けずに会場も開始からフルスロットル。
なんとも楽しいよ~~~ん、べ♡ 
 ↑うっとーしーでしょうが、今日は何度も出てくると思います(^_^;)

うーん、やっぱヨンベのオープニングはこうでなくちゃね。



2曲めのスパースターの時に
CRAZYちゃんが
キンキラのジャケットをヨンベの肩にかけます。
でも最後まで歌いきらないうちに振り落とし
結局半裸www


お肌の焼け具合もなんともいい感じのトースト兄さんで
ますますワイルド感増してたよ。


「横浜の皆さんお久しぶりですっ、SOLです」
と自己紹介しながらお馴染みの
「イェ~ィ、イェ~ィ」のコールアンドレスポンス
右から左、センターそして最後は一緒に。
とりあえず全員で声慣らしか?

「大阪からツアーを始めましたけど
反応は大阪の方がイイですねー!」

でたよ、もう、みんな必ずこれ言うんだから。

思わず会場
エェェェーーーっ!!!

「そう、ソレをもっと表現しましょ。
そしたらいいじゃん」

って、フニャな顔しながら。
見事乗せられちまったが
かわいすぎて死亡です。


「ボクはどーですか?かっこいいですか?」

>カッコイーーー

「本当ですか?」

>ほんとーーー

「冷静に見てどうですか?」

>カッコイーーー

大丈夫だ。
もっと自信をもて、トン・ヨンベ。
それとも「冷静」という言葉を使いたかっただけか?
たぶん後者だな。



ここで一旦はけまして
この間はヨンベプロデュースによるVが流れてます。

そしてステージ向かって右手にはキーボード。

ここから雰囲気がガラッと変わるんだわ。


c0096685_20141031.jpg
お衣装も赤系のノースリシャツとハット。
何があっても二の腕だけは隠しません。
が、首まできっちりボタンしてるとこがカワイ。

ピンスポット受けながら
弾き語りで「You're My」

きれいな糸のようなファルセットに
会場シーンとなって聞き惚れてると
途中で「甘いでしょ?」なんて。
聞くなァァァ、ほ、惚れてまうやろぉぉぉ。

あ~~~、甘いよ、甘い。
腰くだけそうになるほど甘いあまおうだ。
(自分で書いてても意味分からん)


ここでMC。
「横浜の女性はきれいな人が多いですねっ」
と言いながら場内の女性を探すフリ。

ここで予め決まってたんでしょうか
一人のペンさんに照明ガーン。
スクリーンでも大写し。

会場のザワツキ尋常じゃなく
選ばれたペンさんも口押さえて半泣きみたいに見える。

ヨンベに導かれてステージへ上がり
「ボクのこと好きですかっ?」
ペンさん口押さえたまま何も言えない。

「あー、好きじゃないんだ」
(ここでキリンのこと思い出す)

もう一回
「ボクのこと好きですかっ?」

>大っ好きっ!!!

はぁ、金払ってジェラシーそそられる悲しい場面。
見ちまったものは仕方ない。
ここは妄想力で自分に置き換えてみるしかないな。
だめだ、号泣、鼻水、嘔吐、間違いなしだな。

以前YouTubeでみた4年前のソーラーライブ@ソウルと同じ展開。

「お名前は?」
聞いたけど忘れたわい。

ペンさんの手をとったり、スリスリしながら
「I need a girl」
あなたのためだけに歌います、みたいな。

一緒にダンスして、クルッと回されたり。

そして肩を抱かれながら一緒にステージから消えていく・・・

おめでとう、名も知らぬペンさん。
あなたはこれで確実にアタシの歳になるまで
ヨンベペンとして生きていくことを信じています。


再び衣装替えの間ステージではまたまた
ヨンベプロデュースVTRが。
このVすごく良かった。

ヌンコイPVと同系列で
彼女との思い出の写真に囲まれ
苦しくて忘れられない。

火をつけたジッポーを後ろに放り投げて
壁に飾った写真がメラメラと燃えていく。
この時のヨンベがまたカッコよしよしだよん、べ♡




で、このVをバックに歌う「目・鼻・口」
今回初めての日本語の歌です。

考えたら日本でこんなに何曲も
韓国語の歌きくの初めてだ。
なんてちょっと不思議な気分になりました。
K-POPコンサートなのにね。

「ボクの新曲どうですか?」

>いい~~~!!

「悲しい歌でしょっ。
これは・・・ボクの実際の(経験)から作りました。
感情が一番入ります」

するとなぜか会場から
>ヒュー!

ヨンベくんマジに戸惑い顔で
「その反応はなんですか?」
めちゃ笑った。


「次はもっと暗い歌です。
このままのテンションでは高すぎ。
下げまショ」

といって、いつもやるラマーズ法。
ベベ一人でスーハーしてるから会場笑っちゃって。
BBん時ならね、スンリあたりが絡んでくれるから。

「高いっ!」
一喝されてもゲラゲラ。
ヨンベもフニャッ。


こういう随所随所に見せる笑顔がもう、たまらんのよ。
わかる?目がなくなって。
テソンの糸目とはまた別の可愛さ。
絶対間違いなく性格いい子だって思っちゃう。


で、結局わさわさしたままの
「ONLY LOOK AT ME」
からの
「Wedding Dress」


そしてまたMC。

「新しいアルバムを出すのに
4年もかかってしまいました。
4年は長いですよね。

アルバムはいいとしても
ツアーがやりたくてたまらなかった。

寝ててグァ~(イビキ?)ってなってても
あっ、ツア
ツアやりたいって、目が覚めました。
ツア、ツア、ツッツアァ、thラ」  ←って最後は聞こえた

とにかく表情とジェスチャーと言葉
全身でツアーをしたかったと表現するヨンベが
またまた愛くるしくたまらなかったよ~ん、ベ♡

「BIGBANGのような大きなドームじゃなくて
小さな・・・
ま、ここもそう小さくはないですが。
みなさまと近くで触れ合えるような。
そういうところでやりたかったです。
こうしてアルバムを出してツアが出来たのも
みなさまのお陰ですっ。
ありがとうございますっ」

なんたってモンスターグループのメインボーカルSOL。
キャパが小さくなれば、それだけ回数も必要になるのは必至
予め承知の鬼スケジュールだったのねきっと。
気持ちがわかってウルウルしてきたよ。

「アルバムは4年!僕のほんみょ(本名)はヨンベ!
だからぁ、みなさまの愛も、4倍ください!」
>きゃー!

「何倍?」
>4倍!

「何倍?」
>4倍!」

「乾杯!すいません」

時々ディブ・スペクターも入ります。


「新しいアルバムの歌詞は全部覚えましたかぁ!」

イエェーイ。。。

「自信ないんでしょっ!
全部覚えてないんでしょっ!
今日はみなさまと歌えないですね。」

>えーっ!!!ヤダー
時々テソンが憑依したようなドSなことも言うヨンベ。
これもまたかわゆしだぞ、ヒューヒュー016.gif


続いてはまたしっとりと
「This Ain't it」

そして一転、総クラブ化現象で
「Ringa Linga」から
「Break Down」

リンガ、はい。
恐れていたことは起きずに
無事韓国語バージョンでした。

ペンの気持ちを察したか
あるいはさすがのヨンベも日本語覚える時間がなかったか
どちらかは不明ですが良かった良かった。

前回のドームツアーと比べると掛け声なんぞも段違い。
バッチリあってるし
どの部分でマイクを向けられても
結構歌ってるもんね。
すんばらしいわ。
みんなよく韓国語で覚えたもんだと感動。

「1AM」は日本語バージョン。
「セビョクァンシヤ」で必ずマイクを向けられました。
意外にも、やだ、結構ノリノリじゃん。

そうこうするうちに会場の90%の人が期待?
というか、気にしてた?
「Stay With Me」のお時間がやってまいりました。

「ボクの可愛いトモダチ、G-DRAGON」

>キャーッ!

はい、この日も変わらず映像でございました。

正直ね、最初に日本ご出発って聞いた時は
もしやって、期待もしたけど
なんだかその後のね、いろいろね、
あったでしょ。
来なくてよかったな。

ジヨンは空気読んだんだと思ったね。
一応、元カレかばう、アタシ。
エッ?
いや、スルーして下さい。

いつもながらの
「来て嬉し、帰ってホッとの G-DRAGON」ってね
あら、川柳出来たわ。

オット、脱線。
さて、ここからまたまた長めのMC。

次はいよいよヨンベとガチで会話できる
質問ターイム。
ですが、長くなったので続きは後半に続く。。。と


今回あまりサジンが上がってきませんねぇ。
文字ばっかり長々ですみません。






[PR]
Commented by ひまわり at 2014-08-20 18:07 x
今回 セトリ知らずにと思いましたが、やっぱり見てしまいましたーでもSOLコン全然想像つかない…だから余計楽しみ??ボッチ参戦なんで終わった後の興奮どうしてくれよー
Commented by noro2happy at 2014-08-20 22:36
>ひまわりさん+
おーっ、読んでしまわれましたか(^_^;)
私も予習して出かけたんだけど、やっぱり実際のライブは別物だもんね。
期待値あげても大丈夫ですよ。
私の周りにもボッチ参戦の方いましたけど一緒におしゃべりして楽しかった。。
興奮受けて立ちますよ。
早く感想聞きたい。楽しんで下さい。
名前
URL
削除用パスワード
by noro2happy | 2014-08-19 21:26 | 音楽 | Comments(2)