「消えもの」と「捨てるもの」

c0096685_21121632.jpg
窓を開けっぱなしにして寝てしまったら
朝方の風が結構ひんやりしてまして。
思わず足元にかたまってる冬布団を首までたくし上げたけど
それがとってもぬくぬくと気持ちがよかったりして。
幸せな朝のひと時でした。

昼間の陽射しはギンギラギンでも
こんなカラッとした避暑地のような夏なら
一年中でもいいのに。

***

昨日は映画を見たついでに
コレド内のお店をブラブラのぞいたんですけど
冷静に見ても行列ができてるのは
だしの「茅乃舎」さんとか
芋けんぴの「芋屋金次郎」さんとか
有名どころの食べ物屋さんばかり。
雑貨やお洋服のお店などは、
どなたさんも殆ど、ウィンドーショッピングって感じで
なかなか財布のひもは簡単に緩みませんよね。

だって、何の変哲もないグレーのランニングにさ、
7,800円のプライスカードですのよ、奥さん。
アタシが着たところで780円にしか見えませんわ。

確かに着心地はいいのかもしれないけど
所詮インナーにしかならず。
この価格設定はいったいどこから来るのやら・・・

いやいやいや、いらないなー。
欲しくないなー。

それに、もうこの年になったら
お金を使うのは「消えもの」で
「捨てるもの」にではありません。

アタシの場合なら旅やコンサート、
それに映画や飲み食いってところですか。
うん、確かに一番お金がかかってる。

旅行に行って思い出の品を一つ。
コンサートに行けばグッズを一つって
つい思うけど
これって、ワタシが死んじゃったら
ただのゴミになっちゃうのよね。
(うっ、考えるのも恐ろしいけど)
形あるものはやがて「捨てるもの」になってしまい
残された人はその処分に困る。



c0096685_21424319.jpg
これぞ「消えもの」
昼下がりのビール
たはぁ~!旨し!!
ノムチョア


「終活」にはまだ少し早い気もするけど
これからはできるだけ
物を増やさないようにしたいとは思ってます。

といいながらも、完全に物欲吹っ切れてるわけじゃないから
これが結構難しいのですが。




[PR]
Commented by kiraln at 2014-06-17 09:52
noriさんっ!またしても名言ですφ(..)メモメモ
消えモノにお金を掛けるかぁ~。
私もそんな粋な大人になりたいです(今でも充分に大人ですが(笑)
まだまだ煩悩の塊で捨てモノに心が動きます。

理想としてはシンプルライフ。
精鋭揃いの必要最低限のものに囲まれて
小奇麗にしたいのですが・・・はぁ~。
頑張ります!
(と決意表明されても困りますよね (*^_^*)

PS 艶やかな緑の写真に目が吸い込まれます。
  そしてビールの美味しそうなこと
Commented by noro2happy at 2014-06-17 22:30
>kiralnさん*
これは小林聡美さんのエッセーに出ていた言葉です。
大いに共感してメモしてました。
でもね、現実にはそう簡単には行きませんよね。
そんな定規ではかったようにふりわけられたら、
それはそれで奥行きのない人生でつまらんわぁ。

皆さんのブログを見ていると一番欲しいのはお気にい入りのホンの少数の食器かな。
それが見つかったら、食器棚の食器ほとんど処分したろうかと思ってます。
名前
URL
削除用パスワード
by noro2happy | 2014-06-16 21:54 | 日々のこと | Comments(2)